癌(がん)予防に効果がある食べ物とは?

By  |  0 Comments

 
日本人の三大疾病にはいる癌は、誰もがかかりたくない病気だと思います。
特に女性では、乳がん・子宮がん・卵巣がんなどの女性特有の癌もあります。
 
しかし、癌も治療しだいでは治る病気と言われるようになりました!癌にかからないためにも、まずは自分でできる予防をしていきましょう!
その中でも、老化や癌の予防にも効果があると言われている食べ物をご紹介したいと思います。

.

癌について

 
癌の原因としては、発癌性物質というものがあり、この発癌性物質が正常な細胞の遺伝子を傷付けることが癌の発生となるのです。
傷を私たちがもつ自然治癒力で治せることもありますが、その傷が治せずなんどもなんどもダメージを受け続けることで癌化してしまうということです。
 
 
 

癌になる原因

 
生活のバランスが悪い人ほど癌の発生が高い!や、生活習慣病の予防は癌予防!などという言葉を聞いたことがあると思います。
癌になるリスクを減らすのは日々の生活という事です。生活習慣には、食生活や休養、運動などがあり、そのバランスが悪ければ悪いほど癌へのリスクとなります。
また、ストレスも要因であると言われています。
 
適度な運動
 

  • 野菜などを取り入れたバランスの良い食事
  •  

  • 十分な睡眠とリフレッシュのための休養
  •  

  • ちょっと体が温まるくらいの適度な運動
 
などが大切です!
自分の生活習慣はリスクを高めていないか見直してみましょう。
.

 

癌を予防する食べ物って?

 
癌の予防に効く食べ物は、「抗酸化作用」という体を老化現象から守るような物質が含まれたものです。
老化とは、体が酸化=錆びるということです。
この酸化を予防することが癌への予防にも繋がるということです。
 
海藻
 
その他にも、免疫力を高める栄養素や、血行促進で体に老廃物をためないための栄養素なども癌予防に繋がります。
では、癌の予防や、老化予防に効果のある食べ物をご紹介したいと思います。
 

  • にんにく
  • アリシンという栄養素が殺菌作用と免疫力を高める作用がある。
     

  • グリーンアスパラ
  • にんにくと同様の効果がある。
     

  • きのこ類
  • 癌細胞の増加を防ぐβ-グルカンという多糖体が含まれている。
    きのこ類の抗がん作用は免疫機能を高めることによって癌細胞の増加を抑えるものになります。
     

  • 海藻類
  • 海藻類に含まれるフコダインという栄養素は、癌細胞を自滅させる効果がある。
     

  • 赤黄紫緑系の野菜
  • トマトなどの濃い色の野菜はリコピンなどのビタミンが豊富で抗酸化物質が多く含まれている。
     

  • ししゃも、あゆ
  • 癌を抑制するビタミンAがたくさん含まれている。
     

  • 柑橘系・ベリー系
  • みかん、オレンジ、グレープフルーツに、レモン、ライム、ブルーベリー、ビルベリーなどの果物には豊富なビタミンCがふくまれているので免疫機能の強化をし、発癌性物質を抑制してくれる。
     

  • はちみつ
  • はちみつの殺菌力と、ポリフェノールが発癌性物質となるものを除去する。

その他にも、玄米や緑茶、大豆に、枝豆などがあります。
 
 
 

気を付けてほしいこと

 
では、予防になる食材をたくさん食べればいい!ということではないのです。
予防効果のある食材を日々の食生活の中に少しずつ取り入れ、毎日の食生活を良くしていただきたいということです。
まずは、生活習慣の見直しが一番大切であるということを意識してください。
 
 
いかがでしたでしょうか?分かりやすいようにということで筆者なりの言葉で記事をまとめさせていただきました。
少しでも、癌予防への意識が高まっていただけたらと思います。
 


.
.
尾崎 聡子

仕事のハードさから体を壊した事をきっかけに、ロハスなライフスタイルに目覚めました。美味しいもの、ワクワクすること、キレイになれることにも興味深々。日々の生活に根付いた情報を配信していきたいと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です