痩せホルモン「GLP-1」の効果や多く含む食べ物(サバ缶)

By  |  0 Comments

「痩せたい!」とばかり、さまざまなダイエットを試みてもなかなか良い結果に結びつかないことの方が多いもの。
そもそもダイエット法が山ほどある理由は「どれも効果がないから」という見方もあります。
 
それにしても「たくさん食べても痩せている人」と「水を飲んでも太る人」の差はどこにあるのでしょう。
そこには何か秘密があるようです。
 
今回は苦労しなくても痩せることができる痩せホルモン「GLP-1」について痩せ効果の根拠や多く含む食べ物や摂取の仕方についてご紹介します。

.

痩せホルモン「GLP−1」とは?

 
小腸から分泌されるインスリンの分泌を促進する働きをもつホルモンのことを「GLP-1」といいます。
正しくはインクレチンと呼ばれ「GIP」と「GLP-1」の2種類に分かれます。
 
そして「GLP-1」は現在、後天的な糖尿病「2型糖尿病」に対する新たな治療薬として注目されています。
 
生活習慣病として広く知られている「糖尿病」ですが、極端な病変を感じることなく重い病状が進んでいくのが特徴で気がついたときには重篤な症状になっていることも多く、治療に際しダイエットは必須。
厳しい自己管理が必要です。
 
糖尿病にも有効なこの「GLP-1」。実は痩せホルモンを引き出す力もあるといわれれいます。
 
 
 

GLP-1が痩せる理由

 
痩せる理由
 

  • 食物繊維が豊富
  • 食物繊維には痩せホルモンのGLP−1が多く含まれています。
    特におすすめなのが「アボカド」。
    一食で約8gの食物繊維が摂れますが、これは一日に必要な食物繊維の約半量にあたります。
     

  • 小腸を刺激する効果
  • GLP-1は小腸から分泌されるホルモンで、食事を摂ることで血糖値が上がるとGLP-1の受容体にくっつきインシュリンが分泌するほか、小腸が刺激されることでGLP-1がより分泌されやすくなるなどさまざまな作用となって現れます。
     
    日本人はインスリンを分泌させる能力が低い傾向にありますが、GLP-1によりインスリンが分泌されるのは「血糖値が高いときだけ」という驚くべき特徴もあります。
     

  • 食欲を抑える
  • 食べたものが胃から送り出すのに時間がかかる作用があります。
    これはすなわち「空腹を感じにくい」ということになります。また食欲を抑える働きもあります。

.

 

医療の現場での利用は?

 
医療での利用
 
GLP-1はもともと体内にあるホルモンの一つで、食べる量を自然にコントロールする働きがあります。
しかしもし何らかの理由でGLP-1が減ってしまい空腹感が続いてしまうと、今までよりさらに肥満傾向が進んでしまいます。
 
治療が必要な肥満体や糖尿病などウエイトコントロールが必要な場合、GLP-1を薬として投与すれば空腹感に苦しむことなく、自然に体重が減っていくというメリットがあります。
 
 
 

GLP-1を多く含む食品「サバ」

 
サバ缶
 
「GLP-1」は食品からも摂取することができます。
その代表的なものが「サバ」です。
 
サバに豊富に含まれるEPAはGLP-1が出やすくなる効果があります。
青魚の代表でもある「サバ」は味噌煮や塩焼きなど様々な調理法がありますが、もっと簡単に食べられる方法として最近特に注目を浴びているのが「サバ缶」です。
 
スーパーの缶詰売り場は常に品薄の状況で、今後「入手困難な食品になる可能性大」ともいわれています。
 
 
 

「サバ缶」のおすすめな食べ方

 
サバ缶食べ方
 

  • そのままで
  • サバの缶詰は、ポンとフタを開ければすぐに食べられる便利なタンパク源です。
    そのままでも十分おいしく、また軽く温めて大根おろしを加えると、夕食の一品や晩酌のおつまみになります。
     

  • トマト缶と共に煮る
  • トマトの水煮缶、ニンニクスライス、キノコ類と共に煮ると立派なイタリアンフードとして食卓を飾ることができます。
    仕上げにシュレッドチーズを散らしてもおいしくいただけます。
     

  • 炊き込みごはんとして
  • 研いだ米2合にサバ缶の缶汁&醤油&酒各大さじ2を加え、2合の目盛りまで水を加えたあと、人参千切り適宜、ほぐしたしめじ適宜、油揚げ千切り適宜、さばの身を乗せ、スイッチオン!
    炊きあがったらよく混ぜ、仕上げに大葉の千切りやもみのりなどを乗せれば、簡単においしい炊き込みご飯ができあがります。
     

  • サバカレー
  • いつものカレーの肉代わりにサバ缶を使います。想像以上においしいと評判のサバカレー。
    やみつきになるかもしれませんね。

 
 
 

まとめ

 

・「GLP−1」とは小腸から分泌されるインスリンの分泌を促進するホルモンで「食欲を抑えるはたらき」がある。
・サバに豊富に含まれるEPAはGLP-1が出やすくなる効果がある。
・サバ缶はそのままでも食べられるほか、簡単においしく調理できる。

.
.
永井 絢乃

出産をきっかけにキレイと子育ての両立を目指してます。 興味のあるジャンルは心理学と美容です。 最近は子供と一緒に出来るベビーマッサージオイルとヨガにハマってます♪

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です