【目尻のシワ改善】保湿とコラーゲンで解消する!

By  |  0 Comments

加齢とともに増えてくる良く目立つシワの一つに「目尻のシワ」があります。
 
普段はあまり見えないけど、笑うと見えることも多いので、笑いジワとも呼ばれるある種福々しいシワでもありますので、美しく年齢を重ねていく上ではそれ程気にしなくてもよいと考えていますが、やはり「あの頃のようにはいなかいよな、、」と年月を感じさせるシワでもありますよね。
 
しかもこの目尻のシワ、最近では若者の中でもすごく増えてきている様子です。
あまり深いと目立つちますし、目尻のシワはなんだか疲れた表情にみえて顔の印象を暗くする時があるのも事実です。
今回はこの目尻のシワ対策としてその原因や改善方法をみていきたいと思います。

.

目尻のシワが増える原因

 
目尻シワ原因
 
まず目尻になぜシワができやすいのか?その原因を把握しておきましょう。
 

  • 肌の乾燥・保湿力の低下
  • 目の周辺は皮膚が薄く外部や内部環境の影響を受けやすい場所です。
    ハリと保つための保湿力(潤い)が少ないと、乾燥しシワが増えていきます。
    紫外線の浴びすぎや、乾燥肌、アトピー肌の方は若いうちからシワになる場合が多いです。
     

  • 顔筋・表情筋の衰え
  • 筋肉は動かしていないと加齢と共に筋肉量が減っていきます。
    皮膚を支えている筋肉が衰え、たるむことでシワになります。
     

  • 笑いジワ
  • 良く笑うにこやかな人は毎日同じ動きを繰り返すため、皮膚や筋肉に形状がつきシワになります。
     

  • クレンジング
  • アイメークが濃いため、しっかり落とそうと強い洗浄力のクレンジングを使用していると、必要な皮脂まで落としてしまい、結果肌の乾燥を招いてシワを作ってしまいます。
     

  • 眼精疲労
  • 長時間のデスクワークやパソコン仕事の多い現代人には、眼精疲労が蓄積されがちです。
    眼精疲労も目尻のシワの大きな原因の一つとされています。

 
 
 

目尻のシワの改善方法

 
シワ改善
 
では、目尻のシワ対策としてどのような改善方法を行えばハリのある目力の強い目元になれるのでしょうか?
 

  • 紫外線対策はバッチリにする
  • 紫外線は繊細な目元の皮膚には大敵です。
    夏場アウトドアで活動する際は必ず、SPF、PA値の高い日焼け止めを塗り対策したり、日傘の活用、冬場でも日差しの強い日はサングラスをかけるなど、不必要に紫外線を浴びることを避けるようにしましょう。
     

  • クレンジングを見直す
  • 強力な洗浄力を持つクレンジングは肌細胞にはとても負担をかけています。
    メイクはしっかり落とすけど、肌に優しく潤いを与えてくれるものをいくつか試してみるのも対策には大切な行動です。
     

  • 眼精疲労を取る
  • パソコン仕事など目を酷使しているなぁ、、と感じている方は、数十分から1時間に1度程度はグーっと目をつむって目に潤いを与えてあげたり、少し席を離れて少し遠くをみるなどして目に息抜きをさせてあげましょう。
     
    特にスマホのいじりすぎで姿勢が悪く、ブルーライトで目も酷使することから目尻にシワができてきた、、という人も増えています。
    スマホの使用にも気をつけたいところですね。

 
 
 

目尻のシワやくすみに効果的なツボ

 
目の周りの血行を良くしてシワやくすみ解消に効果的なツボがあります。
 
サンチクと呼ばれるツボで、場所は眼精疲労のCMなどで疲れた〜という表現時に良く押されている、眉毛と眉頭の内端にある凹んだところです。
 
さんちく
 
ここを親指や人差し指の腹で押し、グリグリと回すように刺激してあげましょう。
 
 
 

顔筋を鍛える

 
顔筋の衰えを改善することで大きくシワ対策・予防になります。
方法は、
1.美容液やクリームを塗って滑りをよくしておく。
2.手をチョキにして目尻にあて,指を広げて目尻を伸ばす。
3.これを両目ともに数回繰り返します。
 
動画で確認してみる↓

 
 
 

シワ改善は高い保湿力だけではダメ?

 
目尻のシワ対策として最も大切なのが、「保湿」を中心とした肌ケアです。
潤いがなくなることがシワを作る大きな原因ですので、高い保湿力で肌細胞に潤いを常にキープさせておく必要があります。
 
ただし気をつけたいのが「保湿」不足で出るシワは、乾燥から出る小さなシワです。
笑いジワや加齢で刻まれてきたシワは、表面的なシワではなく真皮のシワなんです。
 
加齢や紫外線で壊され続けてきた「真皮」は、保湿はもちろんですが、コラーゲンを作り出す能力が衰えていることが大きな原因です。
ですので、保湿ケアに+して必ずコラーゲン生成を助ける効果を求めないといけません。
 
※ここでのコラーゲン強化とは、コラーゲン配合化粧品ではありません。
コラーゲン配合化粧品は保湿効果のみで、真皮のコラーゲン生成力を高めるものではないです。
ビタミンC配合化粧品など、コラーゲン生成自体を高める成分が必要となります。
 
それらを加味した上で、おすすめしている化粧品が次のものですので参考にされてみてください↓
 
 
 

b.glen(ビーグレン) シワ改善用

 
ビーグレンシワ
 
1,800円(トライアル)/クレイウォッシュ(15g)、QuSomeローション(20mL)、Cセラム(5mL)、QuSomeレチノA(5g)、 QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)
 
レチノールなど直接肌細胞に働きかける有効成分を凝縮したセットが魅力です。
高い浸透力でコラーゲン生成を助けるため、頑固なシワにも効果的。
安価なトライアルがあるので、1度自身の肌に合うかどうか試してみられることをおすすめします。
 
エイジングケア(trial)

→ b.glen(ビーグレン)公式サイトはこちら
 
 
 

まとめ

 
目元を含め、顔の皮膚はとてもデリケートなものです。
目尻はもちろん、ほうれい線など顔全体のシワ対策にもなりますので、ぜひ継続してくださいね。
 
よく5歳若返り肌!なんていう表現をされますが、シワを改善するだけで見た目年齢はグッと若くみえるようになるものです。
ただし、目尻シワが増えるのが嫌だからあまり笑わないというのは絶対やめましょう!
いつまでも笑顔が魅力的な女性でいつづけるためのシワ対策にしてくださいね。


.
.
尾崎 聡子

仕事のハードさから体を壊した事をきっかけに、ロハスなライフスタイルに目覚めました。美味しいもの、ワクワクすること、キレイになれることにも興味深々。日々の生活に根付いた情報を配信していきたいと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です