鼻づまりで寝れない!苦しい夜の対処法

By  |  0 Comments

風邪や花粉の時期など、鼻がつまって苦しい、、なんて日が多くなるものです。
仕事中や学校でもグズグズと鼻をすすり、ティッシュで鼻がカピカピになっているなんて人もいることでしょう。
特に苦しいのが夜寝る時の鼻づまりではないでしょうか?
 
鼻で呼吸しながら徐々に眠りに落ちていくのに、鼻呼吸できないから口で呼吸。
その慣れない眠り方にどんどん寝れなくなっていく悪循環ループに陥ってしまう!

しかも、口呼吸はホコリなどを体内に吸ってしまうので体にも悪いです。
今回はそんな夜の鼻づまりで寝れなくなった時、すーっと鼻づまりを解消できる対処法です。

.

寝れない時に試したい鼻づまり対処法

 
眠れないそんな夜に試したい対処法として、効果が高い方法を7つに厳選してご紹介していきたいと思います。
そのためには寝る前にしっかり対策をしておく必要があるんですね。
 
 
 

鼻づまり解消のツボを刺激する

 
まずは鼻が通った後、寝ている間に詰まってこないように鼻づまりのツボを刺激して鼻通りを良くしておきましょう。
ツボの位置は、小鼻の外側にある迎香(げいこう)と呼ばれるツボです。
 
鼻ツボ
 
鼻の一番膨らんでいる場所の外にを押すと、少し凹んだ場所がありますが、そこがツボの位置。
そこを人差し指でグリグリと若干強めに押し回して刺激しましょう。
 
 
 

蒸しタオルなどでとにかく鼻を温める

 
蒸しタオル
 
鼻周りを温めてあげると血行が促進され、鼻づまりがすーっと解消していきます。
一番簡単なのが濡れタオルをサランラップに包んでから電子レンジで温めて蒸しタオルと作ります。
それを鼻を中心にやや広範囲に被り、しばらく温めていくのです。
 
 
 

花粉症の場合は氷を舐める

 
氷舐める
 
アレルギー性鼻炎の場合は、逆に口内を冷やしてあげると改善されます。
1、2個程度でよいのでれろれろと飴感覚で舐めて溶かしてみてください。

.

 

鼻うがいをしよう!

 
鼻うがい
 
鼻うがいは鼻水はもちろん、花粉など鼻づまりの原因となっている異物を取り除いてくれます。
できれば、水に少量の塩を入れ溶かしておくのがポイントです。
 
片方ずつの鼻から水を吸い、口から出す。
慣れないとえずいたり難しいかと思いますが、終わった後の爽快感はたまりませんよ。
鼻うがいの市販品もドラッグストアなどで簡単に手に入りますので試してみてください。
 
 
 

赤ちゃんの鼻づまりには玉ねぎが有効

 
玉ねぎ
 
昔ながらの民間療法ですが、玉ねぎには硫化アリルと呼ばれる目が染みる原因でもある成分が鼻づまりに有効なんです。
玉ねぎを微塵切りにして、ベッドの近くに置いておくだけで鼻づまりが解消されます。
もちろん大人にも有効で、玉ねぎの匂いを嗅ぐのも効果的とされていますよ。
 
 
 

鼻炎スプレーを使う

 
鼻炎スプレー
 
個人的にお勧めなのが、鼻炎スプレー。
鼻づまり解消用に開発された商品ですので効果は抜群です。
ただし、使いすぎは鼻によくないので、寝る時や苦し過ぎる!という際にのみ使用し、使用回数は少なくした方がよいでしょう。
 
正しい鼻呼吸で寝るのは健康のためにも重要です。
辛い鼻づまりはさっさと解消できるよう、有名なこれらの対処法をぜひ試してみてくださいね。


.
.
コアレディ 編集部

より賢く、美しく・・・ コアから女性をデザインするデジタル書籍をテーマに女性のための情報をお届けする、コアレディの編集部です♪

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です