熱中症対策に効果的な食べ物と飲み物は?

By  |  0 Comments

夏になるとよく聞く〝熱中症”という病気。
気温が高くなり暑くなる夏によくかかってしまう熱中症ですが、実は一年中熱中症にかかってしまう可能性があるのです。
 
特に体の小さな赤ちゃんや子ども、そして身体が弱くなってしまっているお年寄りの方々は熱中症には気を付けていかなければ重症化してしまい、死に至る危険性すらあるのです。
 
ここでは熱中症とはどのようなものなのか紹介していくとともに、熱中症対策に効果的な食べ物や、それらを使った簡単な熱中症予防の料理のレシピを紹介していきます。

.

熱中症とは

 
夏バテ
 
熱中症の原因や症状を知っていますか?
熱中症は高い気温がずっと続くことで、体内の水分や塩分が汗と共に体外に出てしまうことで起こります。
 
また、高い湿度の中で生活することで汗をかいてもその汗が蒸発しなくて、体温調節がうまくできず、熱が体内にこもってしまうことでも起こってしまいます
 
夏場は特に熱中症には気を付けていきたいですが、実は冬にも熱中症は起こってしまうのです。
寒いからといって室内で暖房の温度を高く設定した状態で換気もせずにずっと過ごしていると、夏場と同じように汗をかいて水分や塩分が体内に不足してしまうということになりかねません。
夏だけでなく一年を通して熱中症対策は心掛けていかなければなりません。
 
 
 

熱中症の症状

 
熱中症には軽度から重度まで様々な症状があります。
軽度の症状で早めに気づき、対処していくことが重症化を防ぐためには大切です。
それぞれの症状は以下の通りです。
 

  • 軽症・・・応急処置で済むことが多い
  • 熱性けいれん、熱失神(身体の異変としては、めまい・大量の発汗・失神など)
     

  • 中等症・・・病院に搬送の必要がある
  • 熱疲労(身体の異変としては、頭痛・気分不良・吐き気・倦怠感など)
     

  • 重症・・・入院する必要がある
  • 熱射病(高体温・けいれん・運動障害・意識障害など)

 
熱中症の症状が現れている人を見かけたら、すぐに応急処置をしてあげることで重症化を防ぐことができます。
 
特に赤ちゃんや子ども、そしてお年寄りの方は体温調節がうまくできないことが多いので、少しでも熱中症の疑いがあればすぐに処置をしてあげましょう。
 
具体的な応急処置は、涼しい場所に移動させてあげて衣服をゆるめてあげたり、首筋やわきの下などの太い血管が通っている場所や、皮膚が熱くなっていたら皮膚の表面を冷やしてあげましょう。
もし顔色が青白くなっていたら、足を体より高くしてあげて静かに寝かせてあげてください。
 
そして意識があるようなら水分を取らせて、脱水症状を少しでも緩和させてあげましょう。
また、意識障害があったり体温が急激に上がっている様子などがあれば、すぐに救急車を呼ぶようにしてくださいね。
.

 

熱中症対策のための食べ物

 
熱中症にならないために、要因となってしまう環境などを改善することはとても大切です。
水分をこまめにとったり、暑い日には部屋の中に適温でエアコンを使用したり、冬場は暖房で部屋を温めすぎないようにしましょう。
 
しかし、心掛けているつもりでも熱中症にかかってしまうことはあります。
熱中症対策していくために効果のある食べ物や飲み物が実はあるのです。
みなさんも熱中症にかからないためにもぜひ試してみてください。
 
まずは熱中症対策に効果的な栄養素とその栄養素が多く含まれている食べ物の紹介です。
 

  • ビタミンB1
  •  
    ビタミンB1
     
    ビタミンB1には糖質を分解する役割があります。このビタミンB1が不足してしまうことで乳酸やピルビン酸などが体にたまってしまい、倦怠感や食欲不振などにつながってしまいます。
    ビタミンB1が多く含まれている食べ物は、レバー・豚肉・うなぎ・海苔などです。
     

  • クエン酸
  •  
    クエン酸
     
    クエン酸には疲労物質である乳酸が作られてしまうのを抑制する役割があります。クエン酸をしっかりと摂取することで疲れている体の回復を早める効果もあります。
    クエン酸とはすっぱい成分で、多く含まれている食べ物はレモン・オレンジ・酢・梅干しなどです。
     

  • カリウム
  •  
    カリウム
     
    暑いときに汗をかくことで、体の中のナトリウムが失われると同時にカリウムも失われているのです。
    カリウムが体内から失われてしまうと、脱水症状を引き起こしてしまいます。
     
    カリウムを普段からしっかり意識して摂取することで熱中症からの回復を早めることにつながります。
    カリウムが多く含まれている食べ物は、豆類・ひじき・ほうれんそう・バナナなどです。

 
ここに書かれている熱中症対策に効果的な食べ物を中心として、バランスよく栄養を摂取していくことが熱中症対策には効果的と言えます。
 
夏は特に食欲がなくなってしまい、冷たい飲み物や食べ物ばかり口にしてしまいがちですが、夏こそ栄養面をしっかり考えて食事をとっていきたいですね。
 
 
 

熱中症対策になる飲み物

 
次に、熱中症対策に効果的と言える飲み物を紹介します。
簡単に作ることができるので、みなさんもぜひこのドリンクで熱中症を予防してください。
 

【◎用意する材料】
水・・・1リットル
砂糖・・・大さじ3
塩・・・小さじ1/2
レモン汁・・・大さじ3
 
【◎作り方】
まず鍋に水を100㏄ほど入れ、沸騰させたら火を止めて砂糖と塩を溶け残りがないようによく溶かします。
混ざったらそこに残りの900㏄の水とレモン汁を入れて均等に混ぜたら出来上がりです。
 
とても簡単においしい熱中症対策ドリンクができます。
とても飲みやすい味なので、外で活発に遊んでたくさん汗をかいた子どもたちにもおすすめのドリンクです。
手軽に飲めるように、ご家庭の冷蔵庫に常備しておくことをおすすめします。
 
最近温暖化もあって熱中症にかかる人が特に増加してきています。
常に熱中症のことを頭の片隅に置いておき、熱中症を甘く見ずに十分な対策や予防をしながら過ごしてくださいね。


.
.
コアレディ 編集部

より賢く、美しく・・・ コアから女性をデザインするデジタル書籍をテーマに女性のための情報をお届けする、コアレディの編集部です♪

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です