遺伝子検査で子供の運動能力を調べる方法とは?

By  |  0 Comments

これからの医療の主流になるといわれているのが「遺伝子検査」の存在です。
遺伝子/DNAの中には自分自身も知らない能力や今は健康でも潜在的に眠る病気の可能性など、生まれ持った多くの情報が刻まれています。
そんな遺伝子を検査することで、自分も知らない自分のタイプや能力を知る事ができるのです。
 
今回は子供たちの運動能力を調べてどんなスポーツに向いているか?などを知る方法についてお届けします。

.

遺伝子検査でのメリット

 
自分自身の遺伝子を調べる事で次のような運動能力・スポーツ能力を把握できます。

  • 速筋派
  • 主に短距離走を得意とする瞬発的な筋肉が多く、得意とする
     

  • 遅筋派
  • 主に長距離走を得意とし持続的に筋肉を収縮する能力に長けている。

 
 
 

運動能力を知る事でわかることって?

 
運動能力
 
乱暴に2つのタイプに大きく分けましたが、正確にはどちらのパーセンテージが多いかという点が重要ですので、全員速筋も遅筋も持ち合わせています。
そして運動能力を知る事で、
 

  • 自分や子供が何に向いているかがわかる
  • 人間努力する後天的な内容で才能が大きく開花されますが、ベースとして生まれ持った才能というものもあります。
    事前に運動能力を知っておくことで、野球やサッカー、陸上などどの分野の才能を秘めているかを把握できるため、子供の才能を伸ばしてあげやすくなります。
     

  • ボディメイキングの方法を知れる
  • 引き締まった美しい身体を目指す時、筋トレが重要になります。
    その時高負荷で瞬発的に追い込むトレーニング向きか、低負荷でゆっくり行うトレーニング向きかを知ることで、効率的に筋力アップが図れます。
     

  • ダイエット方法を知れる
  • 糖質をエネルギーとしているタイプ、脂肪をエネルギーとしているタイプなど細かに分かるため、糖質を控える、脂質を控える、など食事面でも運動面でも太る内容と太りにくい内容を知ることが可能です。
    子供の頃からダイエットの必要性は全くありませんが、体調や栄養管理として子供の体質を把握しておくことができます。

 

検査キットで簡単に調べられる

 
現在では簡易な検査キットも販売されているので、自宅で簡単に遺伝子を取り調べてもらうことが可能です。
方法も主に口内粘膜(口の内側の粘膜)をグリグリと取るだけですのでとても簡単です。
 
大人のエクササイズ用をメインとしていますが、子供の運動能力を調べるために利用される親御さんが多いの特徴。
遺伝子は生まれてから死ぬまで変化することはありませんので、小さな赤ちゃんの時点でも簡単に調べられる簡単で安価なこちらの遺伝子キットがおすすめです。
参考にもされてみてください。
 


→ スポーツ遺伝子を調べる【DNA EXERCISE】 公式HPはこちら

 
 
 

遺伝子検査で注意したい点

 
これからますます遺伝子検査が主流になってきます。
自分の能力や健康状態を把握することで、才能を開花させたり、いつまでも健康な状態を保てる時代に入ったといえます。
 
ですが自分自身のためなら良いですが、お子さん達の才能タイプを知って、それを押し付けるのは大人のエゴだということだけ頭においておいて欲しいところです。
「本当に好きかどうかが最大の才能」という点からも、お子さんにはぜひ大好きな事を経験させてあげてくださいね。


.
.
竹下 優美

オーガニックコスメメーカー勤務。女性がキャリアも美しさも自分らしいライフスタイルで過ごせるようにサポートしたいと思っています。マクロビオティックやアーユルヴェーダを実践している二児の母でもあります。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です