【お箸の使い方マナー】品格のある作法を覚えよう!

By  |  0 Comments


日本人にとって毎日の食事に使用するのが「お箸」ですよね。
ですが、持ち方がおかしかったり、本来はお箸で食べるものをフォークなりスプーンで食べるなど、「食べられればいいんでしょ」の風潮が目立つようにもなっています。
 
それは、すべて合理的な西洋の生活習慣が、日本人の日々の食生活に根づいてしまったからといわれていますよね。
そこで、まだ「和色」豊かだった大正昭和にかけて、「和食」はこういただくものだという、今風なガイドラインというものをまとめてみることにしました。
 
お箸の使い方や作法って意外と見られていますし、上手に使いこなせば品格やイメージアップにも繋がりますので、ぜひ参考にしてみてください。

.

お箸の使い方作法一覧

 
お箸マナー
 

  • お椀とお箸を一緒にとりあげないようにしよう
  • 結構やってしまう仕草ですよね。
    まず先にお椀を取る。次に取ったお箸を椀側の小指と薬指の間に挟み込む、というのが粋な仕草です。
     

  • 同じお椀ばかりを初めから終わりまで食べないように
  • これを「重ね箸」といいます。
    好きなものから順番に、ひと皿ひと皿片付けながら食べるという人が希にいますが、あれは実は無作法なんです。
     

  • ご飯を間に交えないで、菜から菜へと移って食べないこと
  • ちょっと厳しいですが、、ご飯が少なめで菜が多い時などは、おかずばかりに手がいきがちですが、
    バランスよくがきれいな作法ですね。
     

  • 迷い箸をしない
  • どれにしようかな~と、おかずの上で箸を迷わせて動かすのはタブーですよ。
     

  • 探り箸をしない
  • 汁物などをグリグリとお箸を回して、具材が残っていないかな~と探ったりするのも×。
    また、あまりお料理をぐちゃぐちゃと中身の素材を見ようと混ぜるのも綺麗とはいえませんよね。
     

    .

     

  • ねぶり箸は一番嫌がられる
  • お箸をねぶってしまうねぶり箸。
    無作法の極みとも昔はいわれていましたので、
    ついついやってしまう癖のある方はぜひ気をつけてくださいね
     

  • 一度口にいれたお料理を、お箸で押し込まない
  • 一度口にいれたものを又箸で押すような行為を「こみ箸」といいます。
    しっかり一口サイズにお箸できってから頂くようにしましょう。
     

  • 煮物類や汁の実をなど、下にあるものをこじ起こして食べない
  • これは「ほじり箸」といって、見かけが悪い箸扱いです。
     

  • 箸についたご飯を友箸で落とさない
  • 友箸とはもうひと組の箸のこと、箸を箸で扱うのは無粹。
     

  • 箸で椀の中の飯を押し固めて食べない
  • ご飯をお箸でひとかたまりに固めて、食べようとするのは少し美しくないですよね。

 
 
近頃は滅多に見かけない「箸使い」のお話。
これは、「昭和家庭寶鑑」という時のベストセラーから抜き書いて、コメントをつけたものです。
正直、これをすべて意識するとなると、お料理を前にしてフリーズしますよね。。
それでも、少しでもお箸の使い方に意識を向けてみると、普段結構はしたない事をしているなぁと気付きますよね。
 
友達同士ならいいですが、特に年配の方やデート中などお箸の使い方や食べ方がキレイだと感心されますよ。
普段気にしない方ほど、和食の「雅と美」の参考にぜひしてみてくださいね。


.
.
タカハシケイ

中学生と高校生になる一男一女のママでもあります。 食や美容に関するスクールを開催。 今までの経験はもちろん、最新の情報をお届けしていきたいと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です