美容体重と標準体重の違いや計算方法は?

By  |  0 Comments

 
ダイエットは多くの女性の永遠のテーマでもありますよね。
痩せたいというのが口癖・・なんて言われる方もいますね。
 
さて、健康診断などを行うと、標準体重が記されています。
結構太ったなーと考えていても、標準体重と同じくらいだからいいか?と、安心する方も多いと思いますが、これ、美容的に美しいスタイルの体重という事ではありません。
 
体重というと、最近はよく美容体重という言葉を聞くことがあります。
今回は、美容体重と標準体重の意味について知っていきましょう。

.

標準体重とは

 
標準体重というのは、「病気になる確率が最も低い体重」です
日本肥満学会というところが公式発表してるもので、身長、BMI指数に基づき計算を行います。
 
※BMI指数って何?
国際的に通用する「体格指数」「肥満判定基準」というもので、Body Mass Indexの略になります。
 
・18.5未満・・・やせぎみ
・18.5以上25未満・・・普通
・25以上・・・肥満
 
 

◆標準体重の算出方法
 
※BMI指数22(普通)の場合での計算式
身長(メートル)×身長(メートル)×22(BMI指数)=標準体重(キログラム)
 
例えば身長158cmの方の場合、
1.58×1.58×22=54.92キログラムが標準体重という事になります。
 
 
 

美容体重とは

 
美容体重とは
 
美容体重というのは美容業界などの基準体重です。
美容的見地からすると理想体重という言い方もされます。
美容体重は、BMI指数18を利用して計算します
 

◆美容体重の算出方法(BMI指数18での計算式)
身長(メートル)×身長(メートル)×18=理想体重(キログラム)
 
同じように158cmの方の場合、
1.58×1.58×18=44.9キログラムが美容体重という事です。
.

 

美容体重の問題点

 
標準体重と美容体重を比較してみると158cmという身長の方の場合、約10キログラムという体重の差が生じます。
BMI指数、値を変えるだけで10キロもの差が出るのです。
 
美容体重は、モデルなどの理想的体重といわれていますので、安易にこの体重を目指してダイエットする等は、拒食症、過食症のリスクが出てきます
 
以前、モデル業界では細ければ細い方が良し、とされる風潮があり、極度のダイエットがもとでひどい拒食症になり、そのことが引き金となって死亡されてしまう方が複数出たことがありました。
 
モデル体型
 
それ以降、モデルの健康管理という事も考慮し、BMI指数があまりにも低いモデルさんをショーなどに起用しないという風潮が高まり、体質的に太れない、ダイエットをしていないのにBMI指数が低くなってしまうモデルさんたちがショーに出演できないなどの問題がありました。
 
現在はガリガリで棒のような体形ではなく、女性らしく出るところは出てメリハリのある体が美しいといわれるようになっています
 
標準体重は病気にならないため理想的な体重、美容体重は美しさを求める体重という事をよく考慮し、自分に一番ベストな体重を維持したいものです。
 
 
 

体脂肪が考慮されてない点

 
標準体重も美容体重も「体脂肪」が考慮されていません。
痩せているから体脂肪が低いという事は決してなく、痩せていても内臓脂肪などがたっぷりついてしまっている方もいます。
 
そのため、標準体重も美容体重も、健康、美容の事を考慮するためにも体脂肪を取り入れた総合的判断が必要と考えられています。
 
ここで知ってほしいのが先ほどのBMI指数です。
これは体内に含まれる脂肪の割合を判定しているのではありません。
体脂肪は体脂肪計などで求めることが必要ですが、健康への指針、という意味で自分のBMI指数を知っておくといいでしょう。
 
 

◆BMI指数の計算式
体重(キログラム)÷身長(メートル)÷身長(メートル)=BMI指数
 
身長158cm、体重が49kgという方のBMI指数を計算してみると49÷1.58÷1.58=19.62です。
つまりBMI指数で行けば18.5から25という部分に入るので、「普通」です。
 
 
 

きれいなスタイルって何?

 
きれいの理想は人によって大きく違います。
細くて華奢で折れそうな人をみて、きれい・・と思う方もいますし、逆に少しぽっちゃりしている方が女性らしく色っぽいと考える人もいます。
 
極端に痩せることを願えば、拒食症や過食症などのリスクが高くなりますが、きれいという事を健康的という事に置き換える方が多くなっています
 
細いと感じないけれどバランスのとれた美しい体型、誰が見ても健康的で人として美しい、きれいと感じる体型を目指していければ、健康にも美容にも理想的でしょう
 
そのために、日々、腹八分目の食事、適度な運動が必要です。
ストレスはどか食いを誘いますし、甘いものが欲しくなるなど美しい体型にも影響を与えますので、ストレスを受けても上手に解消する術を持っておくことも大切なことです。
 


.
.
尾崎 聡子

仕事のハードさから体を壊した事をきっかけに、ロハスなライフスタイルに目覚めました。美味しいもの、ワクワクすること、キレイになれることにも興味深々。日々の生活に根付いた情報を配信していきたいと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です