主婦湿疹の原因や予防法 治療法まで

By  |  0 Comments

冬場の時期は生活リズムが変わったり乾燥などで肌が荒れやすいですよね。
特に主婦の方は洗い物や洗濯などの水仕事で、繊細な肌はストレスにさらされがちです。
今回はそんな主婦ならではの湿疹についてご紹介します。

.

主婦湿疹の原因

 
主婦湿疹
 
主婦湿疹とは、いわゆる家事などで手荒れがちな主婦にできてしまう湿疹のことです。
肌は、通常毛穴にある皮脂腺から分泌された脂質と、 汗腺から出る水分の保護膜によって守られています。
ですが、手のひらには毛穴がないためこのバリア機能が少ないのです。
ですので、ただでさえ乾燥しやすく、さらに水や洗剤を頻繁に使用することで皮膚を守るバリア機能が低下し、手荒れが起きてしまうのです。
 
特に、合成界面活性剤を含んだ洗剤は強力な油汚れに効果的な反面、皮膚にとって必要な脂質も落としてしまうため手荒れの原因になります。
 
さらに、お風呂掃除や洗濯などの家事によってダメージが加えられるので悪化してしまうなど、日常的な手へのダメージが積み重なり主婦湿疹を招くのです。
 
 
 

主婦湿疹の予防方法

 
手荒れ予防法
 
主婦湿疹の一番の予防法はとにかく家事によるダメージを最小限に抑えることです。
毎日のちょっとした心掛けでかなり良くなるものなんです!
 
次の気をつける項目が、主婦湿疹を大きく予防するポイントです。
 

・食器を洗うときのの水温をなるべく低く設定する。
 
・洗剤は薄めて使用。
 
・脱脂力のつよい合成界面活性剤を含まない洗剤に変える。
 
・油汚れのひどい食器や調理器具は、洗う前につけ置きする。
 
・水仕事のあとはこまめにハンドクリームをつける。

ついつい油汚れには熱いお湯や洗浄力の強い洗剤で落としがちですが、それだけ肌への負担もかなりのものです。
なるべくつけ置きや、へらなどで大まかな汚れを落としてから洗い物にとりかかると手への負担を減らしながらもしっかりと汚れが落ちます。
他にも水仕事の際はゴム手袋を使って、水に触れる機会を減らすのも大切な予防法ですね。
.

 

主婦湿疹の症状と治療法

 
主婦湿疹治療法
 
手のひらにプツプツができてかゆかったり、指の間接がひび割れてるなどの症状が出たら主婦湿疹の可能性があります。
自己判断では悪化してしまうの可能性があるので、なるべく皮膚科に行ってみてください。
またゴム手袋やアレルギーなどによる湿疹の場合もあるので、以下の対策で様子をみてから受診するかどうか決めましょう。
 

・洗濯のすすぎは2回にして、洗剤を完全に落としておく。
 
・徹底して洗い物を減らす。
 
・油ものの調理を避ける。
 
・家事の際は木綿の手袋を着用する。
 
・水仕事はその上からゴム手袋をする。
 
・傷口への刺激が強い尿素入りのハンドクリームは避ける

とにかく症状を悪化させないためには、多少の手抜きは必要です。
家族に相談してなるべく負担を減らしましょう。
 
 
 

正しいハンドケアの方法

 

  • 手を洗いすぎない
  •  

  • 手を洗った後はすぐに水気を取る
  •  

  • 日焼けしないように注意する
  •  

  • ハンドクリームは手のひらで温めてから塗る
 
他にも、フェイシャルと同じように化粧水をつけてからクリームを塗るなどのケア方法もあります。
 

☆ティッシュパック

 
ティッシュパック
 
手の乾燥を感じたら、手の上にティッシュを1枚乗せて、その上から霧吹きに入れた化粧水のスプレーをかけます。
そのまま5分をパックすると乾燥が改善します。
ビニール袋に手を入れてパックするとさらに潤いアップします。
簡単なのでオススメですよ!
 
 
いかがでしたか?
これからの時期は乾燥は避けて通れませんが、ちょっとした心掛けで手荒れは防げます。
ぜひキレイな手で新年を迎えましょう!


.
.
佐藤 由香

京都出身。オーガニック子供服を販売するネットサイトを運営しながら、現在はアロマトリートメントについても独学で勉強中。女性らしく、ココロもカラダも美しいライフスタイルを目指しています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です