【ツボや食事で?】生理痛を緩和させる方法

By  |  0 Comments


女性なら誰でも一度は経験する辛い生理痛。
年々重くなる人もいれば、突然辛くなるなど人もそれぞれです。
この辛さが生理を更に憂うつにしているのは間違いないですよね。
今回はそんな辛い生理痛を和らげる方法をご紹介します。

.

生理痛が起こる原因

 
生理の1~3日目の出血が多い時期に起こりますが、このときの子宮と血管の強い収縮が生理痛と言われます。
この動きはお腹が下りそうなときに大腸が強い収縮を起こし、キリキリと痛むのと同じ原理です。
 
そして、生理痛の個人差はプロスタグランディンというホルモンの量が関係しています。
子宮が収縮するときにこのプロスタグランディンが促すのですが、その分泌量が多いと生理痛が酷くなります。
このプロスタグランディンは、出産の陣痛のときに多量に分泌されるのですが、生理痛はいわば軽い陣痛のようなものなのです。
 
 
 

生理痛を緩和する!(ツボ編)

 

  • 関元(かんげん)
  •  
    生理痛和らげるツボ
     
    おへその下にある関元は全身の気が集まる重要なツボです。
    おへそから指4本分下の場所を1~2分ゆっくり押すのを何回か繰り返してください。
    蒸しタオルや入浴などで一度暖めてから行うとより効果的です。
    生理痛の緩和以外にも、生理不順、冷え、腰痛にも効くそうです。
     

  • 腎兪(じんゆ)
  •  
    緩和するツボ
     
    腎兪のツボは、両手をおろしたときの肘の位置の高さから背骨の両側指2本分外側にあります。
    ツボの位置に親指を置いて、腰をそらせるようにじんわり伸ばすと効果的に刺激できます。
    生殖機能を高めたり、寝起きの悪さ、腰痛、倦怠感なども改善されます。
     

  • 血海(けっかい)
  •  
    足のツボ
     
    左の膝を曲げたときに、膝のお皿から上に指4本分の位置にツボがあります。
    そこを両親指を重ねて痛気持ちいいぐらいの強さで2~3秒を押して離すのを5分間続けてください。
    押したときに強い痛みを感じるようなら血が滞ってる証拠です。普段から刺激しましょう。

 
 
 

生理痛を緩和する!(食べ物編)

 
食べ物も生理痛を和らげるのに効果的です。
 

  • 炭酸水
  • 生理痛は血行の悪さが原因です。
    炭酸水は血行の巡りを良くする効果があるのでオススメです。
    ただし、無糖のものを飲みましょう。
     

  • 豆乳
  • 豆乳に含まれる大豆イソフラボンが生理痛を緩和してくれるそうです。
     

  • プルーン
  • 鉄分が不足すると生理痛は更に悪化するので、手軽に鉄分摂取できるプルーンもオススメ。
     

  • 脂っぽい食生活を改善する
  • 生理痛の原因であるプロスタグランディンの量が多い、少ないは脂っぽい食事も関係性があります。
    再度毎日の食生活の見直しが必要ですね。

.

 

生理痛を緩和する!(生活編)

 
生活改善
 
生活面も改善して生理痛を和らげましょう。
 

  • 身体を暖める
  • 冷えは生理痛を悪化させます。特に腰やお腹を暖めると痛みが軽減されます。
     

  • 骨盤を回す
  • 骨盤が歪んでいると生理痛の原因にもなります。
    気分転換も兼ねて骨盤をぐるぐると回してみると良いでしょう。
    また、普段から骨盤のゆがみを意識していると症状が緩和されるかもしれません。
     

  • 散歩する
  • 医療関係者によると、週に数回程運動する女性の方が全く運動しない女性より生理痛が軽いという報告があります。
    気分転換も兼ねて近所を散歩してみてはいかがですか?

 
 
 

PMS対策サプリを利用する

 
生理痛サプリメント
 
生理痛やイライラ、お腹の不調などいわゆるPMSの諸症状を和らげ改善するために、人気のPMS対策サプリの利用もとても有効です。
 
自然由来成分で体への負担がなく、徐々に生理痛やイライラなどが起こらない体質へ変化していけますので、数ヶ月単位で試してみることをおすすめしています。
 
ルナリズム
→PMS改善サプリ「ルナベリー」公式サイトはこちら

 
 
 

生理痛を悪化させる習慣は?

 
生理痛をひどくさせてしまう生活習慣もあります。
以下を見つめ直して少しでも改善にあててください。
 

・ストレスを溜める
・不規則な生活
・外食ばかり

※加工食品や添加物は生理中に必要な栄養素を採りにくくするものもあります。
生理中はなるべく天然の体に良いものをとる努力をしたいですね。
 
・無理なダイエット
・睡眠不足
・運動不足
・姿勢が悪い

※姿勢の悪さは骨盤のゆがみにつながます。
 
・甘いものばかり食べる
※砂糖には身体を冷やす作用があるので、生理中はなるべく避けたいものです。
 
・コーヒーをよく飲む
※コーヒーに含まれるカフェインは血管を収縮させる働きがあるため、血行巡りを阻む恐れがあります。
これらは全て生理痛を悪化させます。
心当たりがある方は多いのではないでしょうか?
生理痛はある意味身体の警告かもしれません。
生活習慣を見直して、辛い生理痛を快く迎えられるようにましょう。


.
.
永井 絢乃

出産をきっかけにキレイと子育ての両立を目指してます。 興味のあるジャンルは心理学と美容です。 最近は子供と一緒に出来るベビーマッサージオイルとヨガにハマってます♪

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です