母親・父親・赤ちゃんのお宮参りの服装

By  |  0 Comments

筆者の周りでは現在出産ラッシュが続いています。
 
親類や知り合いなど妊娠・出産の話を良く聞くのですが、
芸能人の出産が多いのをみて、やはり子供や家族を中心に過ごす生き方や、大切にする気持ちが大きくなってきている時代なんじゃないかな・・?と勝手に推測しています。
 
少子化が進む日本にとっても良いことですし、何より家族が増えるのは当人はもちろん周りにとってもにぎやかになって、本当に嬉しいものですよね。
 
そして、赤ちゃんが生まれると色々な祝い事も増えます。
その一つが生後1ヶ月後頃に氏神である近くの神社に参拝する、「お宮参り」ですね。
 
氏神さまに我が家に赤ちゃんが生まれた事を報告し、感謝と健康に育ってくれるように見守りくださいと挨拶しに行く、祝い行事になります。
 
本来男の子は生後31日目に、女の子は32日目に参るのが正式ですが、
家族の都合や赤ちゃんの体調によって、だいたい1ヶ月目~3ヶ月目にまでに参拝される方がほとんどです。
 
そして、普段神社に行く時は当然普段着で良いのですが、お宮参りではそれなりにマナーというべき正式な服装があります。
そこで今回は神社へのマナーも考えた上で、「お宮参りの服装」について紹介していきます。

.

お宮参りの服装

 
お宮参りは、例えば結婚式などの何度か経験した事のある行事と違い、初めて行くという場合がほとんどですよね。
それだけに服装選びには「??」マークが付いてしまいます。
 
自分の母親やお義母さんに聞いてみても、意外とだいぶ過去の事もあり忘れていたり、
最近はあの当時とは違うのでは?と考え、「わからないわ~」という答えが返ってくる場合も多いんですよね。
 
では、お宮参りではどのような服装を選ぶのがベストなのか、わかりやすく母親・父親・赤ちゃん別に紹介していきます。
 
 
 

お宮参りの服装【母親の場合】

 
母親の服装は、基本的に赤ちゃんにそろえて選ぶ事になります。
つまり赤ちゃんが正式な祝い着の場合は、母親もしっかりと正装するのがベストです。
 

  • 着物の場合
  •  
    母親着物
     
    本来は黒留袖なのですが、最近では色留袖や訪問着で参拝される方も増えています。
     
    また正確には家紋の入った紋付の着物なのですが、さすがにそこまで用意するのは大変、
    でもせっかくなら記念に着物を着てみたい!というお母さんには、略装にあたる無地の付け下げか、色留袖あたりがベストです。
     
     

  • 洋服の場合
  •  
    母親洋服
     
    赤ちゃんがベビードレスの場合は洋服でもOKです。

そのままお店に食事会に行ったり、授乳のしやすさから洋服を選ぶ方も増えてきています。
 
洋服の場合はワンピースやスーツ、ブラウスなどフォーマル目なものを選びます。
黒のシックな雰囲気なものがベターではないでしょうか?
 
 
 

お宮参りの服装【父親の場合】

 
父親も母親と同じく、赤ちゃんの服装に合わせて参拝するカタチになります。

     

  • 着物の場合
  •  
     
    父親着物
     
    一般的には紋入りの羽織り着物、袴になります。
     
     

  • 洋服の場合
  •  
    お宮参りスーツ
     
    着物の場合も上記しましたが、ほとんどの場合父親はスーツ姿が多く一般的です。
    母親が着物の場合でも男性はブラックスーツに白シャツ、フォーマルなネクタイという組み合わせが大半を占めているようです。

※もちろん一生に何度もある経験ではないので、正式に着物・袴もカッコいいですよ!
.

 

お宮参りの服装【赤ちゃんの場合】

 
お宮参りの主役は当然赤ちゃんになります。
赤ちゃんにどんな服装を着せてあげたいかで、お母さんやお父さんの服装選びをするのがベストですね。
 
ただ、お宮参りに行く時期の新生児は、まだ首も据わっていない上に、体温調整も上手ではありません。
参拝する季節も考慮したうえで、あくまで赤ちゃんの体調管理を第一優先に選ぶようにしてあげてください。
 
 

  • 着物の場合
  •  
    赤ちゃん着物
     
    一ツ身や熨斗目(のしめ)と呼ばれる服装の場合が多く、男の子は家紋が5つ入った熨斗目模様の紋付
    そして女の子は、基本的には花柄などの入った祝い着というものが正装の着物姿になります。
     
    着物の下は白いベビードレスか、白っぽいロンパースがおススメです。
     
    また赤ちゃんの場合、お祝い着を赤ちゃんを包むように掛け着として着用したりと、お宮参り独特の着付けになってきます。
    この辺りは、お宮参りでの初着を販売・レンタルしている着物屋さんに相談するのが良いでしょう。
     
     

  • 洋服の場合
  •  
    赤ちゃん洋服

最近ではロングドレスや華やかなベビー服など、ベビードレスでお宮参りされるご家庭が増えています。
 
ベビードレスにケープと帽子を付けて参拝されるスタイルが多く、レンタルや販売でも多くの種類が扱われています。
 
また、その上に掛け着だけレンタルして着せるのも、経済的にも見た目的にもおススメです。
 
 
お宮参りの服装は、もちろん何でも良いといえば良いのですが、子供が大きくなったときに当時の写真をみると、「こんな格好をして参拝してもらえたんだ」と、感慨深い思い出として記憶されるものです。
 
最近では参拝では簡単な格好をして、写真館などの撮影スタジオでは正装で撮影されるパターンも増えていますね。
 
また撮影スタジオでは撮影時後に、そのままお出かけ用に掛け着を無料レンタルしてくれる所もあったりしますので、うまくレンタルを使うことが、お財布にも優しくて良いのではないでしょうか?
 
初めての場合、レンタルでもどのような服装があるのかを、色々と写真で見てみないと検討が付かない部分もあるかと思います。
 
その場合はレンタル衣装や撮影スタジオに早い時期に出向き、パンフレットだけでも入手して検討してみるのが、一番わかりやすい方法じゃないでしょうか。


.
.
コアレディ 編集部

より賢く、美しく・・・ コアから女性をデザインするデジタル書籍をテーマに女性のための情報をお届けする、コアレディの編集部です♪

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です