アレルギーに注意!白髪染めの安全な使い方や選び方

By  |  0 Comments

白髪が美しい女性はとても素敵だと思いますが、まだ若い年齢だったり、チラチラとみえる白髪はどうしても気になりますよね。。
そんな白髪を隠すケア商品として、ドラックストアなどのお店に行くと白髪染めのコーナーがあります。
ですがここで注意したいのが、頭皮を傷めたり、アレルギー反応などの症状です。

.

白髪染めアレルギーに注意!

 
アレルギー反応
 
白髪染めを使う時にはアレルギー反応が出ることがあるので注意が必要です。
白髪染めの中に含まれる成分でアレルギーが出やすいものがいくつかあると厚生労働省も伝えていますが、そのなかでもアレルギー反応が多いのが「パラフェニレンジアミン」です。
 
市販の白髪染めを購入される際は、できる限りパラフェニレンジアミンが入っていない白髪染めを利用するというのがアレルギー回避の一番の近道でしょう。
 
 
 

安全な白髪染めの定義とは?

 
安全性
 
当然ですがアレルギー反応が出にくい白髪染めを使うことが、長期的な白髪染め利用を考えると良いですよね。
ですが白髪染めと一言に言ってもいくつかの種類に分かれ、ヘアカラー、ヘアマニキュア、ヘアカラートリートメントなどがあります。
 
基本的に白髪を染める力が強ければ強いほどアレルギー反応が出たり、頭皮を傷める可能性が高まります
なので白髪染めを利用して長い期間毛染めの効果があるタイプというのは成分が強いということになりますのでアレルギー反応も出やすいです。
 
ヘアマニキュアやヘアカラートリートメントなどは比較的に成分もやさしいものが使われているので、アレルギー反応が出にくい傾向にあります。
もともと肌が弱いという方はこのヘアマニキュアやヘアカラートリートメントを使った方が良いでしょう。
 
 
 

白髪染めを使う前には必ずパッチテストを!

 
ドラッグストアなどで市販されている白髪染めをいきなり頭皮に塗って使うのは少々危険ともいえます。
人によってアレルギーの症状が異なりますが、徐々に症状がひどくなり、かぶれる人もいますので特に肌の弱い方は注意が必要です。
 
アレルギー反応の有無を判断するためにも、使用する前にパッチテストをすることでその商品にアレルギー反応があるかどうかが事前にチェックしておきましょう。
 

【パッチテストのやり方】
 
1.綿棒などにトリートメントやヘアマニキュアをつける
 
2.繊細な二の腕など(目立ちにくに場所でよいです)に10円サイズくらい塗布します。
 
パッチテスト
 
3.このまま放置
 
※通常は30分程度置いてくださいと説明書きがありますが、アレルギー反応は48時間後に起こる遅延反応もあります。
確実にチェックしたい場合は、48時間放置して確認された方がよいでしょう。
(入浴は普通にしてもOKですが、取れた場合は再度塗布しておきましょう)
 
 
 

安全性の高い自然由来の商品を選ぶ

 

アレルギー反応がでたり、肌の弱い方に限らず白髪染めを選ぶ際には天然成分で肌に優しく、なおかつ染まりが良いものを評価して選ぶようにしてください。
 
一般的にドラッグストアなど量販店で販売されている白髪染め商品は、染まりを追求するあまり頭皮を傷め、髪がパサパサになってしまった、、という声も多く聞きます。
長期的に白髪染めを利用される方ほど、白髪染めの選び方には注意してほしいところですね。


.
.
コアレディ 編集部

より賢く、美しく・・・ コアから女性をデザインするデジタル書籍をテーマに女性のための情報をお届けする、コアレディの編集部です♪

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です