本気のシミ対策!シミの種類や自宅&美容外科でのケア方法

By  |  0 Comments

紫外線が強くなるシーズンを迎えると、毎年気になるのが「シミ対策」です。
いつまでも白く美しい肌でいるためには「シミ」はご法度ですよね。
 
ですがシミを薄く目立たないようにすることはできるのでしょうか?
そこでもともとあるシミの対処法と、これからシミを増やさないようにするための方法をご紹介します。

.

シミの種類をチェック

 

  • 老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)
  •  
    老人性色素斑
     
    紫外線により皮膚のメラニンが増えてしまったシミが老人性色素班です。
    シミの中でもっとも多いタイプがこのシミで、若いときから浴び続けてきた紫外線がゆっくりと顔を出し、加齢とともに濃くなるのが特徴ですので、初期段階からしっかりケアしておく必要があります。
     

  • 脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)
  •  
    脂漏性角化症
     
    イボ状に盛り上がったシミで、手の甲にもできやすいのが特徴です。
    年寄りイボとも呼ばれ良性腫瘍のひとつですが反面、ガン化する要素も持ち合わせているので要注意です。
     
    脂漏性角化症はイボ状で特殊なシミですので、通常の美白コスメではなかなか消せません。
    専用コスメでケアするか、サロンでの除去がおすすめです。
    >>イボ状シミを除去するシルキースワン公式ページ

     

  • 雀卵斑(じゃくらんはん)
  •  
    そばかす
     
    いわゆる「ソバカス」がこれにあたります。
    顔全体に散らばるように薄く広がりますが、日常的に浴びる紫外線により濃くなることもあるので早めの対策が必要です。
     

  • 肝斑(かんぱん)
  •  
    肝斑
     
    頬や鼻の下、額に出るシミで閉経後にはほとんどが消失します。
    肝斑の治療は健康保険が使える場合があります。
     

  • 太田母斑(おおたぼはん)
  • 青いあざのようなシミで、生まれつきのものと成人前後から現れる場合とがあります。
    太田母斑の治療も保険対象となります。

.

 

シミを消したい!自分でできる方法は?

 
紫外線対策
 
長期間にわたって浴び続けた紫外線の影響でできたシミ。
自分でできる一番効果的な方法は「これ以上シミを広げないようにするための紫外線対策」と、いたってシンプルなことです。
 
そのためにもこまめにサンスクリーンを塗り直しましょう
またいつでも日傘を持ち歩き、極力日差しを避けます。
曇りの日でも紫外線量はあまり変わりませんからご用心を。
そして肌のターンオーバーを促す美白化粧品を使い、保湿には十分気を付けるのが基本的なシミ対策になります。
 
 
 

美白化粧品でシミ対策する

 
一度できてしまったシミはなかなか自力で消したり薄めるのは難しいものです。
そのために「できる前に紫外線対策しておく」ことが一番大切なのですが、できてしまったシミに対してはやはり美白化粧品でケアしていく必要があります。
 
コアレディでは、次の美白基礎化粧品を「効果」や「価格」など総合評価としてシミ対策に評価していますので、参考にしてみてください。
 

アスタリフトホワイト

 
アスタリフトホワイト
 
1,000円(トライアル)/化粧水・美容液・クリーム
 
水溶性コラーゲンやピココラーゲン、浸透性コラーゲンなどを基本におき、話題の「アスタキサンチン」など高級保湿成分もたっぷりに配合した、シミや美白、ハリケアに特化した医薬部外品化粧品です。
美白力の高い「アルブチン」と「ビタミンC誘導体」成分を、富士フィルム独自のナノ技術によって極小化に成功。
真皮奥にまで届く浸透力を実現しています。
 
日焼けした後のアフターケアはもちろん、ハイドロキノンがシミ除去・シミ予防し、また肌のくすみを予防するメラニン色素対策として有効に働いてくれます。
 
そして特におすすめしたいのがコアレディのスタッフ間で肌への浸透性や使用後のしっとり感がすごい!と評判の「アクアリスタ」の存在ですね。
アクアリスタも入ってトライアルとしてトータルキットが1,000円と破格値のコスパで試せますので、まずは自分の肌に合うかなど気軽に試されてみてはいかがでしょうか?
 
アスタリフトホワイト

→ アスタリフトホワイト公式サイトはこちら

 
 
 

サエル

 
サエル
 
1,480円(トライアル)/ローション14ml/ホワイトニングエッセンス8ml/ホワイトニングクリーム9g
 
シミを除去しながらくすみ除去や美白を目指すために必要不可欠な「ビタミンC誘導体やチロシナーゼ、コウキエキス」などの美白有効成分と、メラニン色素生成を抑制する有効成分がバランスよく配合。
日焼け後のケア・シミ対策・くすみ・美白対策としてとても人気のコスメですね。
 
また美白の重要ポイントである保湿力も、セラミドなど有効成分が高濃度配合されており、肌細胞奥へしっかりアプローチしてくれます。
 
本来高価で良質な素材から生成製造されている基礎化粧品なのですが、こちらもトライアルキットでまずは安価に揃えられ、気軽に自分の肌で試せる点も評価が高い部分。
まずはトライアルでお試し期間中でも効果を感じれるかを確認してみてください。
 
【安全安心美白訴求】サエルトライアルセット

→ サエル公式サイトはこちら

 
 
 

イボ状のシミには美白以外のアプローチ

 
シミの種類で紹介したイボ状で盛り上がったシミである「脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)」はシミの中でも特殊なシミのため、通常の美白というよりも若干アプローチ方法をかえたこちらのコスメがおすすめです。
 
シルキースワン
 

>>イボ状シミを除去するシルキースワン公式ページへはこちら

 
 
 

美容外科やサロンでのシミ取り

 
美容外科シミ取り
 
自宅でのセルフケアではなかなかシミが消えない、、という方は、美容外科などでシミ除去されるのも1つの手です。
 

  • レーザー治療
  • シミの治療法としてメジャーなのが、医師によるレーザー治療です。レーザーを当てたときは「ゴムで強くはじくような痛み」を感じます。レーザーをあてた部分はその後かさぶたになり、新しい皮膚ができるまでは絆創膏などで保護し、絶対に日光にあてないようにします。諸費用ですがレーザー治療は自由診療で健康保険は使えません。
     
    お値段はクリニックよってまちまちですが、数ミリ程度の小さいシミの場合一回のシミ取り施術の総額費用は、約数千円から1万円ほどが基準です。
     

  • 光治療
  • レーザーに比べソフトな光を顔全体にあてる方法が光治療です。
    かさぶたができても目立たないのが特徴ですが、数回に分けての施術が必要です。約一ヵ月ごとに合計4〜8回程度という定期的な施術で、費用は一回約2万円ほどです。
     

  • シミ用薬ハイドロキノンを塗る
  • 強力な漂白作用のある外用薬を塗るシミ取り法もあります。
    ハイドロキノンはシミそのものに塗りますが浸透性が高くシミにダイレクトにアプローチする力をもっています。
    こちらも保険外治療で費用は一ヵ月分約2〜3千円程度です。
     

  • シミ用薬トレチノインを塗る
  • 肌のターンオーバーを強力にうながす作用が特徴です。
    皮膚のバリア機能が低くなるため、トレチノインを使うときは十分な紫外線対策が必要です。
    同じく保険外治療で、費用は一ヵ月分約4〜6千円程度です。

※美容外科やサロンによってアプローチ方法は異なります。
 
 
 

まとめ

 
シミを改善する方法をいくつかご紹介しましたが、美容目的のシミ治療は健康保険が使えません。
ただしシミと思い込んでいたものが実は太田母斑や肝斑だった、なんてこともありますから気になる場合はぜひクリニックに相談してみてくださいね。
シミの無い美しい肌でピカピカの人生がおくれますように!


.
.
佐々木智子

美容師として8年間勤務した後、ファッション業界へ転職。現在はプレスとして活動中です。 興味のあるジャンル:ファッション、ビューティー、旅、インテリアなどなど。 最近はボディバランスを整える事に挑戦中です♪

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です