簡単!夏場の化粧崩れを抑えるメイク方法って?

By  |  0 Comments

 
毎年暑い季節になると出てくる悩みというのがあります。
その一つが化粧崩れです。
 
いろいろとケアをしてもどうしても化粧崩れをしてしまう、だからといって化粧をしないというわけにはいきません。
 
夏の暑さの中でも化粧崩れをおこさない、そして外出先でも簡単に化粧直しができるようなメイク方法ってあるのでしょうか。
筆者が実際に行っている効果的なメイク方法についてお届けしたいと思います。

.

夏は皮脂分泌が多いので朝洗顔をしっかり

 
よく「朝は洗顔をしなくていい」という説があります。
これは冬の寒い時期、肌が乾燥しゃすい時などは化粧水などで拭き取るだけでも大丈夫なのですが、夏は乾燥肌の人も皮脂の分泌が増えています。
なので朝の洗顔はしっかりと行うようにしましょう。
特にTゾーンなどの化粧崩れをおこしやすい部分は、洗顔フォームなどを使ってメイク前に余分な皮脂は落としておくのが大切です。
 

化粧水は毛穴を引き締めるタイプを使う

 
洗顔後に使う化粧水や乳液ですが、これが化粧崩れの原因になることもあります。
「乾燥肌だから」ということで保湿力の高い化粧水・乳液を使っているという人もいるようですが、夏のメイク前のスキンケアは化粧水1つで十分です。
 
この化粧水も保湿力の高いものを選ぶのではなく、毛穴を引き締めてくれるようなタイプの化粧水を使って余分な皮脂を出ないようにコントロールすることが大切です。

.

重ね付けはNG,夏のベースメイクはBBクリームとコンシーラーでOK

 
化粧崩れをおこす原因の1つとして「塗りすぎ」というのがあります
普通のメイクの場合、化粧水→乳液→化粧下地→ファンデーション→フェイスパウダーとかなり重ね塗りをしています。
 
塗れば塗るほど綺麗に仕上がると思いがちですが、塗れば塗るほど肌の水分量や皮脂をコントロールできなくなってしまいます。
なので特に皮脂が増える夏は塗るものを減らす必要があります。
 
夏は化粧下地・ファンデーションを使わず、BBクリームとコンシーラーで仕上げるようにすると化粧崩れをおこしにくくなります。
カバーしたい部分には筆ペンタイプのリキッドコンシーラーを、そして顔全体にはBBクリームを使います。
 
BBクリームは化粧下地・乳液・ファンデーションの役割を果たしてくれるので、これ1本でしっかりメイクはできます。
気になる部分や口・目のまわりはコンシーラーでしっかりカバーしてあげれば大丈夫です。
 
 
 

フェイスパウダーで化粧崩れ知らず

 
BBクリームとコンシーラーだけでは不安という場合はフェイスパウダーを使いましょう。
最近は日焼け止め効果のあるフェイスパウダーがあります。
こういうものを使うと日焼け止めを塗る必要もないので、さらに重ね塗り防止になります。
皮脂が多いという人は皮脂をコントロールしてくれるようなフェイスパウダーを使うのもいいかもしれません。
 
 
夏の化粧崩れの原因はベースメイクにあると言われています。
ベースメイクを崩れないように仕上げれば外出先での化粧直しもほとんど必要なくなります。
暑い季節だからこそ、少し手抜きのベースメイクでもいいかもしれませんね。
 
 


.
.
佐藤 由香

京都出身。オーガニック子供服を販売するネットサイトを運営しながら、現在はアロマトリートメントについても独学で勉強中。女性らしく、ココロもカラダも美しいライフスタイルを目指しています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です