花粉症の目のかゆみの治し方と予防法

By  |  0 Comments

暖かな春の訪れを知らせてくれるかのように身体が反応し始めるのが「花粉症」ですね。
最近では稲花粉など年中花粉にさらされています。
 
そして鼻水をかんで鼻頭が赤くなるのも恥ずかしいですが、二日酔いの目のように目のかゆみで充血したり、かゆくてたまらない!という方も多いのではないでしょうか?
今回はこの花粉症の目のかゆみの治し方と予防法についてみていきましょう。

.

花粉症で目がかゆくなる原因

 
痒みの原因
 
まず、粘膜である眼球に花粉がつくことでアレルギー反応を起こします。
そして知覚神経が刺激され目のかゆみが起こってしまうのです。
 
また刺激によってアレルギー鼻炎やアトピー性皮膚炎の原因でもあるヒスタミンが放出され、
血管がむくんで目の充血が起こったり、花粉を洗い流そうと自然と涙が出る症状として現れるのです。
 
 
 

目のかゆみを治す方法は?

 
では、花粉症によってたまらなく痒い!状態になっている時に、即効性のある効果的なかゆみの止め方、治し方としてはどうすればベストなのでしょうか?
 

  • 目をしっかりと洗浄する
  • まずは痒みの原因である花粉を落とさなければ始まりません。
    手に水をためて、目をつけてシャバシャバと瞬きを繰り返し洗浄しましょう。
    ただし水道水は塩素も含んでいますので、できれば専用の目の洗浄液を使う方がよいでしょう。
     

  • 冷水タオルで冷やす
  • 痒みがたまらないという場合は、冷水で冷やしたタオルや氷をタオルに包んで目を冷やしてあげましょう。
    一時的な対処法ではありますが、目の痒みを散らしてくれるのでスーッと痒みがおさまります。
     

  • 痒み抑制のツボを押す
  •  
    さんちく
     
    眉間の内側にある攅竹(さんちく)は、アレルギー性結膜炎の目の痒みを抑えてくれます。
    眼精疲労にも効果的なこのツボを定期的に押して刺激すると、和らぐのが実感できると思います。

 
 
 

痒みを抑える点眼液の使用

 
目薬
 
目に付着した花粉を洗い流した後、花粉対策用の点眼液をさすことで痒みの元であるヒスタミンの働きを抑えてしまいましょう。
 
ドラッグストアなどで販売されている点眼液には、

  • ヒスタミンの放出を防ぎ、花粉症の症状を抑えるメディエーター遊離抑制薬
  •  

  • ヒスタミンの働きを抑制して、かゆみを早く緩和させる抗ヒスタミン薬
の2種類があります。
 
成分表などを確認し(花粉症対策目薬であればまず問題ありません)選ぶようにしてください。
※目薬は効果的で気持ちがよいのですが、1日にさす回数の指定は表示に従うようにしてくださいね。
.

 

花粉症 目のかゆみ予防

 
目のかゆみ予防
 
目のかゆみを抑えて治すには、日々の予防法が何より大切です。
予防さえしておけば、かなり症状が緩和されますよ。
 

  • マスク・メガネは必須
  • 花粉が粘膜へ付着したり、体内に入らなければ症状は現れません。
    外出する際は、必ずマスクやゴーグル、ゴーグルが恥ずかしければメガネだけでも大きく花粉を防げます。
     

  • 衣類に付着した花粉を落とす
  • 外出から帰宅した際は、必ず玄関前でコートなど上着をパンパンとはたいて花粉を落としましょう。
    また外に干していた洗濯物を取り込む際も、花粉を降り落とすことで全てではありませんが、室内に花粉を持ち込まなくてすみます。
     

  • 小まめな掃除・空気洗浄機
  • マクロビオティックの考え方でもありますが、陰陽のバランスであるところの陰性の強い食品(アルコール、乳製品、果汁、白砂糖、刺激の強いスパイス、生野菜など)は花粉症の症状、特に鼻炎や目など粘膜系の症状を悪化させます。
    お酒など少し控えることでも抑えることが可能になります。

 
 
 

予防のために食べたい食事

 
花粉症対策食事
 
逆に鼻炎や目のかゆみなど花粉症対策のために摂りたい食事がこちらです。

味噌、納豆、かずら、かぼちゃ、よもぎ、もやし、ごぼう、玄米、りんご、海藻、芋類、黄色野菜
 
 
 

気をつけたい食事方法

 
避けたい食べ物
 
極陰性とよばれる極度に陰性の強い食事は花粉症にはNGです。
 
砂糖やチョコなど砂糖を多く使用したものはなるべく避けましょう
また果物も花粉症治療中には避けた方がよいでしょう。
 
冷凍食品や遺伝子組み換え作物もアレルギーを増幅させますので摂取を避け、暴飲暴食せず正しい食生活を適量摂ることを心がけるだけでも、ぐっと症状が緩和されていきますよ。
 
辛い花粉症も少し意識するだけでかなり緩和されます。
ぜひ予防を含めて実践してみてくださいね。


.
.
コアレディ 編集部

より賢く、美しく・・・ コアから女性をデザインするデジタル書籍をテーマに女性のための情報をお届けする、コアレディの編集部です♪

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です