日光浴で季節性ウツや気落ちは対策改善できる!

By  |  0 Comments

季節の変わり目は体調を崩したり、なんとなく調子が出ないことはありませんか?
じつはそれ、季節性のうつの可能性があるかもしれません。
今回はそんな季節性のウツについてご紹介します。

.

冬は特に注意!季節性のウツ

 
季節性ウツ
 
冬は幸せを感じるホルモンのセロトニンが少なくなる季節です。
というのも、セロトニンは日照時間に関係しており、光の刺激によって分泌されていると言われています。
なので、冬は他の季節と比べて日照時間が少ないため、やる気が出なかったり不調を感じたりしやすいのです。
 
逆に、夏などの日照時間の長い時期は、日光をたくさん浴びることができるので、自然とやる気も高まるのです。
寒いと眠気が増すのもこのセロトニンが関係しているためかもしれませんね。
 
 
 

日本人は季節性のうつになりやすい?!

 
日本は、世界でも珍しく四季がはっきりとある国です。
四季は様々な情緒や情景をもらたしてくれる素晴らしいものですが、その分季節の変わり目は体調に影響を受けやすいですよね。
 
特に、秋冬の季節性のうつは自覚症状が少ないので特徴をぜひ知っておいてください。
 

  • 秋冬の季節性うつの特徴は「食べ過ぎ・寝すぎ」
  •  
    寝すぎる
     

どれだけ寝ても強い眠気があり、起きていることが辛くなる。
甘いものを無性に食べたくなるというような場合は季節性のうつかもしれません。
秋の始めにこうした症状が悪化し始め、春には消えるということが2年以上続く場合は季節性うつの可能性があります。
 
 
 

季節性うつを治す方法

 
季節性うつの一番の原因は日照時間の短さにあります。
つまり、症状を改善するには太陽の光を浴びることが一番の治療法です。
 
日光浴
 
これはセロトニンが太陽を浴びることで生成されるからです。
セロトニンは三大精神伝達物質の一つで、心身の安定や心に安心感をもたらせる物質で、セロトニンが不足すると心が不安定になったり、うつ傾向に陥りやすくなります。
 

【太陽の浴び方】
1.最初は週に2回、30分ほど意識して太陽の光を浴びるようにしましょう。
※紫外線の浴びすぎも女性なら気にされると思うので、毎日浴びれるようなら15分でも大丈夫です。
 
2.できるだけ晴れている日は外出して、太陽の下で心地よく過ごすようにしましょう。
冬は日が落ちるのが早いため、早寝早起きを意識してみてもいいかもしれません。
 
まずは、朝起きたらカーテン越しに日を浴びたり、窓を開けて日を感じたりと無理をせずに少しずつ始めてみてください。
 
日光浴のポイントは負担に思わず、気持ち良いと思う範囲から始めること。
急に早起きをしたり散歩をしようと考えるとストレスになってしまうことも。
あまり意識せずに、気持ち良く取り組める範囲からトライしましょう!
 
 
 

生活リズムを整える努力を

 
秋冬の季節うつには日光ですが、季節性のうつに限らず、体調を整えるには生活習慣の改善が一番効果的です。
カゼなどの体調不良以外のだるさや眠気、やる気のなさは生活習慣を整えるだけで大分改善されるでしょう。
 
ポイントはできるだけ毎日同じ時間に起きて太陽の光を浴びることです。
それが無理なら部屋の照明を明るくしてみてください。
そして朝食をきちんととることも重要です。
 
朝食を食べる
 
朝食は抜きがちという人は要注意。
生活リズムを崩すだけでなく、体への負担もあるのでなるべく取るように心掛けましょう。
 
 
最近やる気が出ない、ずっと眠気が取れないという場合は季節性のうつかもしれません。
予防にもなりますし、ぜひ自覚して積極的に治していきましょう。


.
.
永井 絢乃

出産をきっかけにキレイと子育ての両立を目指してます。 興味のあるジャンルは心理学と美容です。 最近は子供と一緒に出来るベビーマッサージオイルとヨガにハマってます♪

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です