ほうれん草が目に良い!ルテイン成分と食べ方を知ろう

By  |  0 Comments


目がぼやけやすい、眼精疲労、パソコン仕事で目を酷使している、、このような状態に不安を抱えている方も少なくありませんが、薬局へ行くと目薬など効果のある薬であったり、食品やサプリメントといったものが販売されています。
 
目の病気でも特に緑内障などは危険なので、ついつい購入してしまうこともあるでしょう。
友好的なものは口コミなどでも見ることができます。
 
そんな中で今、注目されている野菜がほうれん草です。
ほうれん草は目の病気について効果をしっかりと発揮してくれる万能野菜なんです。

.

ルテインという成分を知ろう

 
目に良いルテイン
 
ほうれん草には色々と効果的な成分が含まれていますが、そんな中でも目に良いのが色素の部分に多く配合されている成分がルテインです。
サプリメントとしても有名なルテインは目にとって、とても重要な成分なんですね。
 

  • 目に蓄積される有効成分
  • ルテインは体内へ吸収されていくと、徐々に目へ蓄積されていきます。
    その効果は目に溜まっていった疲労であったり、ストレスを体外へと逃がしていく効果があります。
    また負担をかけることで活性酸素を発生しますが、それも抑える働きを持っています。
     

  • 他の野菜よりも多く含まれている
  • ルテインを含んでいる野菜は色々とあります。ほうれん草が苦手という方は、他の野菜で補いたいと考えてしまうことでしょう。
    そんな中でブロッコリーなどに代表される緑黄色野菜に含まれていますが、ほうれん草は濃い緑色になっているほど多く含んでいます。
    しかも他の野菜よりも多く配合されているので効率が良い野菜なんですね。
     

  • 不妊にも有効
  • ルテインは、子宮をきれいにしてくれるともいわれているため、妊娠希望の方にも有効です。
    また妊娠中の方にも羊水がきれいになるので、程よく摂取することがオススメです。
    (※妊娠中、妊娠希望の方がルテインサプリメントなどを過剰摂取するのは控えておきましょう)
     
     

    効果的なほうれん草の食べ方

     
    目や健康面にとても有効なほうれん草ですが、どうせなら効率よく栄養素を吸収したいとことですよね。
    効果的なほうれん草の食べ方として気をつけたいところが次の点です。
     

    • 炒める時は油と一緒に
    •  
      ほうれん草を炒める
       
      炒めてほうれん草を食べていこうとする時のポイントで、油と一緒に取っていくことが重要になっていきます。
      体内に吸収していく効果をアップしていくことができます。油を用いて調理する方法で、ルテインが吸収率をアップさせることができます。
       

    • 茹でてもルテインは残っている
    •  
      ほうれん草を茹でる
       
      調理法によってはルテインの効果が薄れてしまうのではと不安になってしまう方もいますが、ルテインは茹でても一切消えていったり、逃げて行くことがありません。
      安心してほうれん草を茹でていきましょう。

.

ルテインが豊富な野菜

 
ケール
 
目に負担を抱えていながら、なかなか効果のあるほうれん草を食べることができないという時には代用となる野菜を食べてみるのもいいでしょう。
 

  • ほうれん草と同じくらい配合されているケール
  •  ほうれん草と同じくらいルテインを含んでいるのがケールです。
    キャベツの原種ともいわれている、青汁の材料で、ケールもルテインを多く含んでいます。

 
 
 

アサイーサプリでルテインを補給

 
ルテインを手軽に補給するには、やはりサプリの存在が一番簡単ですね。
その中でもなにかと話題のアサイーと組み合わされた、美容効果と共にルテイン効果を得れるサプリが女性に人気です。
 
アサイベリープラチナアイ
→ルテイン豊富な「アサイベリープラチナアイ」公式サイトはこちら
 
 
 

眼球運動で視力を回復

 
眼球運動
 
筋肉を作るには栄養を取るのともう一つ、筋トレすることが重要ですよね?
それと同じように、視力も栄養プラス運動が必要です。
 
「遠くの緑(自然)を見ていると目が良くなる」という事を言われたことはありませんか?
 
あれは本当に理にかなっていて、目の前の近場のものばかりみていると眼筋が痩せていき、視力が落ちてしまいます。
 
定期的に遠くの景色や空(太陽を見ないように!)を見つめることは、視力回復に役立ちます。
 
特に、

1.近くの物を見る
2.遠くのものを見る

 
を繰り返し、目のフォーカスをスーッと合わせることで眼筋が鍛えられ視力が落ちるのを防いでくれるのです。
 
ぜひ栄養だけでなく、運動も組み合わせることを実践してみてください。
 
 
ケールは苦味がとても強く、食材には適していないといわれています。
そのため青汁といった搾った形で提供されています。市販ではほどんど購入できないため、通販などを活用していきましょう。
 
緑内障などの予防をするためにほうれん草などの緑黄色野菜がポイントとなっていきます。
老眼や白内障など、年齢と共に目の病気や疲れやすさがでてくるものです。
食事の中にほうれん草を取り込んでいくことによって、目の病気を克服していくこともできるでしょう。


.
.
尾崎 聡子

仕事のハードさから体を壊した事をきっかけに、ロハスなライフスタイルに目覚めました。美味しいもの、ワクワクすること、キレイになれることにも興味深々。日々の生活に根付いた情報を配信していきたいと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です