【電気代・水道代・食費】の簡単な節約方法

By  |  0 Comments


日常生活でついつい使用してしまうのが電気や水道です。
これらは生活にどうしても必要なのですが、ついつい多く使ってしまうということもあります。
そこで光熱費を少しでも安くするために、電気代や水道代の節約術や食費の節約方法を活用していくようにしましょう。

.

電気代を簡単に節約できる方法

 
節約していきたい電気代は手間を少し掛けていくことによって行うことができます。
電気は日常生活でじわじわと利用していきますので、少しでも節約していくと、大きな効果をもたらしていくことでしょう。
 

  • とにかく使わない時はコンセントを抜く
  •  
    コンセントを抜く
     
    電化製品を利用しない時には、しっかりとコンセントを抜くようにしていきましょう。
    電気代の節約術として基本的なことですが、コンセントを挿したままだと待機電力が働いていきます。
     

  • 継続してコンセントを抜く習慣をつける
  • コンセントを抜く習慣をつけることによって、待機電力でじわじわと電気を消費することもありません。
    しかし日常生活の中で習慣づけていくことが大事で、忘れてしまうと光熱費が再びじわじわと上げていくことになります。

 
 
 

水道代を着実に節約していく方法

 
水道も料理やトイレなどで活用するものであり、気がついたら水道代が異様にかかってしまうこともあります。
水道代は月ごとにまとまって請求する地域もありますが、領収書をもらった時に想像以上にかかっていることに気がついてしまうこともあります。
気づいたら高額にならないように、毎日利用していく水を節約術によって減らしていきましょう。
 

  • 日常生活で水を減らす方法を考える
  • 例えば洗濯や入浴で使用する水を減らすことも節約術の一つとなっています。
    洗濯のすすぎの回数を減らしたり、前日のお風呂のお湯を洗濯で利用するなど、方法をしっかりと考えて決めていきましょう。
     

  • 節水グッズを活用する
  •  
    節水グッズを活用
     
    節水を行うのに適している洗剤がスーパーマーケットなどで多く販売されていますので、購入をして節約術に活かしていきましょう。
    意外と節水ができる商品もありますので、じっくりと探していきましょう。

.

 

食費を削減していく方法

 
どうしても日常生活で食事をすることは必要であり、調理をするために食材を購入しなければなりません。
ここでも食材にかける費用を節約する方法を取り入れていくことが大切であり、無駄な買い物を極力減らすようにしましょう。
これで食費だけでなく、電気代や水道代も削減することができます。
 

  • タイムセールを活用
  •  
    タイムセール
     
    代表的な節約術となるのが、スーパーマーケットでのタイムセールです。
    時間帯をずらすことで、格安で理想的な食材を購入することができますので、日常生活の節約術として取り入れてみるといいでしょう。
     

  • 無駄な食材を購入しない
  • 買い物における節約術として、レトルトなどの無駄な食材を買わないことです。
    これも効果的な節約術の一つであり、事前に冷蔵庫の中を見ておくことで不足または過剰にある食材を理解することができます。
     

  • いっそのこと家庭菜園を作る
  •  
    家庭菜園
     
    土地などに余裕があれば家庭菜園を作ってしまいましょう。これで野菜を育てて収穫して食べていくということもできます。
    野菜の購入がないため、育てる費用がかかるものの、立派な節約術となっていきます。

 
いかがでしょうか。節約する方法をしっかりと作り出して、その後は実践していくことによって電気代などを節約することができるようになります。
最初は厳しいと感じてしまいますが、徐々に慣れていくように節約をしていくことが大切です。


.
.
尾崎 聡子

仕事のハードさから体を壊した事をきっかけに、ロハスなライフスタイルに目覚めました。美味しいもの、ワクワクすること、キレイになれることにも興味深々。日々の生活に根付いた情報を配信していきたいと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です