静電気体質!?原因とドアノブ感電を防ぐ方法

By  |  0 Comments

冬場の乾燥した時期になると必ず起こる「バチッ!」という静電気。
刺さるような痛みもあり薄暗いところでは青い火花が出るほどで、部屋や車のドアノブなど金属のものに触れるのが恐ろしいほどですよね。
 
あらゆる生活シーンでみられるこの静電気ショック、なんとかおさえられることはできるのでしょうか?
さっそくみていきましょう。

.

静電気が起こる原因

 
静電気原因
 
刺さるような痛みの静電気。
その痛みとショックはかなり過激で、生活のあらゆるシーンでもう気が気じゃないという感じ。
 
この静電気、いったいなぜ起きてしまうのでしょう?
静電気そのものは「放電」によるものです。
 
わたしたちは日常生活で常に「帯電」という現象を起こしています。
小学生の頃、頭にこすりつけた下敷きに髪の毛が貼り付く様子を面白がっていたのを思い出しますが、あれが帯電の一つです。摩擦などによりからだに帯びた電気を一気に放電するとき、それが「静電気」と呼ばれるものです。
 
 
 

静電気体質!?静電気が起こりやすい人

 
静電気体質
 
日常生活で、なぜか私だけパチパチと静電気に苦しめられてない!?と思っている方も多いかと思います。
それは体に電気をためやすい体質や生活をしているためかもしれませんよ?
 
 

  • 乾燥肌である
  • 静電気はなぜ冬に起こりやすいのかというと、空気が乾燥しているためです。
    同じように肌が乾燥していると静電気が起こりやすいといわれていて、水分量の多い子供よりも圧倒的に肌が乾燥している大人に静電気は起こります。
    逆にいえば肌の保湿を心がけるなど乾燥対策することも静電気予防になるのです。
     

  • 重ね着のしすぎ
  • 前述したように下敷きを髪の毛にこすると帯電が起こり静電気が発生します。
    それと同じようにセーターなど何枚も重ね着をしすぎていると、服同士が動くたびにこすれて電気を発生させやすくなります。
     

  • 食生活の乱れ
  • 以外かもしれませんが、食生活の乱れも静電気の発生と関わっているといわれています。
    ファストフードなどおすすめできない食事が多い人は体が酸化しやすく、この血液の酸化が体に静電気をためやすくしてしまうのです。

 
 
 

静電気が起こりやすい場所とは?

 
空気が乾燥する頃に予兆も無く不意に起こる「静電気」。
静電気を感じる場所の多くは玄関や車のドアノブであったり、エレベーターのボタンであったり。
静電気を感じやすい人にとっては、あらゆる「手」が触れるところに静電気あり!といったところです。
 

.

 

ドアノブでの感電を防ぐ方法

 
静電気を感じる場所の中でももっとも回数が多く、気をつけたいのがドアノブです。
自宅や会社などで触れる機会の多い箇所ですが、触る際の注意点を知っておけば感電せずにすみますよ。
 
ポイントは「体内の電気を意識的に放電」しちゃうことです。
 
静電気放電
 

  • 指先で触らない
  • 放電するときに一番ショックを感じるのが指先です。
    指先だけで触れるとさらに静電気を強く感じてしまうので、急いでいる時は思いきって「手のひら全体」で一気にドアノブにタッチします。
     
    これで指先で触るよりもかなり低い確率で静電気を抑えることができます。
    もし手のひらを当てることが怖ければ「肘を当てる」のも効果的です。
    指先に比べ痛覚が鈍いので痛みを感じずにすみます。
     

  • キーホルダーをドアノブに当てる
  • ドアを開けるためのキーホルダーを鍵穴に入れる前にドアノブに当てます。
    このことでからだに帯電されたものが即放電するので静電気を防ぐことができます。
     

  • スマフォをドアノブに当てる
  • もしスマフォにカバーがかかっていたら、カバーがかかっていない本体部分をドアノブに当てます。
    これによりからだにたまった電気が放電され、いやな静電気が起きにくくなります。
     

  • 持っているものを先にドアノブに当てる
  • 持っているカバンやハンカチ、着ている服の袖など、からだとつながっているものを何でもよいので素手より先にドアノブに当てます。
    これで静電気が放電され痛みを感じることがありません。

 
 
 

まとめ

 
真冬に起こりやすい静電気はちょっとした工夫でその痛みを感じずにすみます。
まずは「からだには常に電気を溜め込んでいる」ことと「放電するときに静電気ショックが起こる」ということを想定しておきましょう。
 
それさえ分かっていれば、対処のしかたもおのずと分かります。
「放電」イコール「痛い」と覚えておけばもう静電気に悩まされずにすみそうですよね。
 
もしいつもスマフォを持ち歩いているのなら、「ドアノブを握る前のスマフォタッチ」が効きそうです。
ぜひ試してみてくださいね。


.
.
尾崎 聡子

仕事のハードさから体を壊した事をきっかけに、ロハスなライフスタイルに目覚めました。美味しいもの、ワクワクすること、キレイになれることにも興味深々。日々の生活に根付いた情報を配信していきたいと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です