【左右でみる】肩甲骨の痛みの原因や病気との関係

By  |  0 Comments


広島カープの投手、前田健太選手は毎日肩甲骨をぐるぐると回す事を日課にしているそうです。
肩こりや姿勢、健康の要ともいわれている重要箇所である肩甲骨。
 
そんな肩甲骨が痛い、、なんてなると心配になりますよね?
今回は肩甲骨の痛みの原因や病気との関係性についてみていきましょう。

.

左の肩甲骨が痛む原因

 
右肩甲骨の痛み
 
これは左右共にいえることですが、ほとんどの肩甲骨周辺の痛みは「筋肉痛」と考えられます。
肩甲骨は肩や首、腕をつなぐ場所ですので急な運動や変な動きをする事で痛みやすい場所でもあります。
 
特に右利きの方が多いので、右側をかばおうと無意識に身体が反応し、逆に左に負担がかかり痛めるパターンが多いものです。
 
その他にも、
 

  • 姿勢が悪い
  • デスクワークや歩行時の姿勢の悪さ(猫背)から肩甲骨に負担がかかり痛みを生じる場合があります。
     

  • 腰痛や肩こり
  • 体を繋ぐポイントである肩甲骨の痛みは、実は腰や肩の負担からきている場合もあります。
    なかなか痛みがとれない場合は、整骨院などに相談してみることをオススメします。
     

  • 内蔵疾患
  • 基本的に姿勢が悪い方に多く、知らず知らずのうちに内蔵が圧迫されて肩甲骨に痛みが出る場合もあります。
    姿勢が悪い、猫背だと指摘される方は、内蔵のためにもなるべく早く姿勢矯正をした方がよいですね。
     

  • 変形性頚椎症や頚椎椎間関節症
  • 姿勢もいいのにずっと痛い、、という方は、変形性頚椎症や頚椎椎間関節症の疑いがあります。
    加齢によって椎間板がすり減ったり、首の椎間関節が傷んでいる可能性があるため、レントゲン検査など
    病院での診察が必要かもしれません。

.

 

右の肩甲骨が痛む原因

 
右肩甲骨の痛み
 
次は逆に右側が痛む原因をみていきましょう。
左側の痛みの原因は、右側にも通じるのですが、右側だけが痛いという場合の病気との関係がこちらです。
 

  • 胆石症や胆のう炎
  • 日本人の10%が持っているといわれる胆石。胆石はみぞおちや右肩甲骨、背中に痛みを生じます。
     

  • ストレス
  • ストレスによって肩甲骨が痛む場合もあります。
    特に神経とつながりの深い右肩甲骨の場合はその危険性を疑うべきです。
     

  • 神経系の病気
  • ストレス同様に右肩甲骨の痛みにプラスして、手に痺れがある場合は神経系の病気の可能性があります。

 
おおよその場合、筋肉痛や姿勢の悪さからくる痛みだと思っていて大丈夫ですが、
1週間以上痛みが続く場合は何かしらの病気の可能性があります。
心配な方は早めに診察を受けることをオススメします。
 
 
 

肩甲骨の痛みを取るストレッチ

 
姿勢の悪さや筋肉痛などが原因の場合は、簡単なストレッチで解消することが可能です。
動画でわかりやすく紹介されていますので、こちらを参考にしてみてください。
 

 
 
肩甲骨は健康の要でもありますので、ぜひ早めに解決してみてくださいね。


.
.
佐々木智子

美容師として8年間勤務した後、ファッション業界へ転職。現在はプレスとして活動中です。 興味のあるジャンル:ファッション、ビューティー、旅、インテリアなどなど。 最近はボディバランスを整える事に挑戦中です♪

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です