【小顔になる?】親知らずは抜歯するべきかしないべきか

By  |  0 Comments


歯の痛みの中で厄介と感じてしまう人が多いのが親知らずです。
痛みが出たら抜いてしまうという方もいますが、、親知らずは抜歯すべきなのでしょうか。
実際のところ、歯科医院では親知らずは抜かない方が良いと考えているところが多いです。
でも抜いた方がいいとも言われるし、、今回はその理由をチェックしていきましょう。

.

親知らずは抜歯するべきしないべき?

 
抜歯するかしないか
 
そもそも親知らずというのは前歯より数えていって8番目の歯である大臼歯を指します。
一番奥の歯となりますが、20代になると生えてきたという方が多いです。
 
しかし親知らずが生まれてから全く生えないという方もいますし、親知らずは綺麗に生えてくることがほとんどないため、歯磨きをうまく行うことができずに虫歯になってしまったり、歯肉が徐々に腫れていってしまうケースも出てきます。
 
ただ一概に親知らずを抜くということで対処できるわけではありません。
人によっては親知らずを抜いて悪影響を与えてしまうケースもあります。
 

【抜いた方が良いケース】
 
どうしても歯磨きを親知らずの影響でうまくできなくなってしまい、虫歯や歯周病を発症してしまう状況になった時には、親知らずを必ず抜きましょう。
重度な虫歯や歯周病にかかってしまうと、生命の危険も考えられます。
また噛み合わせが悪くなっていたり、矯正治療をした後で歯並びを再度悪くしてしまう時にも同様です。親知らずは必ず歯科医院で抜くようにしましょう。
 
 
【抜かない方が良いケース】
 
もし歯が抜けてしまった時、通常はインプラントや入れ歯を取り入れなければなりません。
ですが親知らずを残しておけば、奥歯が抜けてしまった際、抜けたところへ親知らずの歯を移植をすることができます。
自分の歯で食事ができますし、人工の歯は高額な費用もかかるため、この方法が適しているといえるでしょう。
 
 
 

親知らずを抜く時は痛い?

 
抜歯の痛み
 
イメージとして、親知らずを抜く時には痛みを生じると思われています。
実際もイメージ通り、親知らずを抜く時に刺激を与えていきます。
 
しかし麻酔を注射することで痛みを和らげていくことができますし、麻酔は表面麻酔だったり極細の麻酔針を使っていきますので、親知らずを抜く時には痛みをほとんど感じなくなっています
 
どうしても痛みを感じた時には、痛み止めを処方しますので、安心して親知らずの治療を行うことができます。
そこで抜歯をする時のポイントをチェックしていきましょう。
 

  • 抜歯後の痛みとオペの長さは比例する
  • 抜歯をする際に痛みを伴っている時には、手術の時間を考えていきましょう。
    外科的な処置を行なって親知らずを抜いていますので、麻酔が切れてしまうと痛みを感じてしまいます。
    ただ手術にかける時間が少なければ最小限にすることができます。
     

  • ドライソケットによる痛みについて
  • 親知らずを抜いた後で、顎の骨をむき出しにしていきます。
    こうすることで血がかさぶたのような状態になり、傷口のふたのような役割を果たしていきます。
    しかし血が固まらないで痛みを感じるドライソケットに陥ることがあります。
    この状態にならないように、各歯科医院では麻酔などを活用しながら手術を行っています。

.

【親知らず】を抜歯すると小顔になる?

 
小顔になる
 
親知らずを抜いていくと、小顔になると一部の方から口コミで紹介されることもあるでしょう。
実際に親知らずを抜くことで小顔効果を得ることができますが、もちろん劇的には変わりません。
ごく稀に小顔になるといった方がよいですね。
 
親知らずを抜くと小顔になれる特徴を見ていくと、大きく分けて4つあります。
 

  • 顎が張っている人
  • これは歯が無くなっていくことで、歯を支える骨も徐々に痩せていくことで小顔になっていきます。
     

  • 下にある親知らずを抜く
  • 歯茎の中でもちょうど顎のあたりにあるエラに非常に近い部分となっています。
    親知らずを抜歯していくことで、エラの前にある部分の骨が徐々に痩せていき、小顔に見えるようになります。
     

  • 頬骨が張っている人
  • 親知らずを抜歯することで頬骨の下の部分が痩せていくように見えます。
     

  • 顔の骨のラインが出ている人
  • 親知らずを抜くことで小顔にすることができたり、顎に筋肉が付いてれば噛む力を伝えなくなりますので、筋肉が徐々に痩せていき小顔へと変わっていきます。

 
 
このように親知らずは残すか抜くか、各個人の体型などで判断することもあります。
一概に親知らずを抜いてしまうと、差し歯などを行う際に不利になってしまいます。
 
どうしても人工の歯を入れると費用がかかってしまいますので、少しでも天然の歯は残したいものです。
車にあるスペアタイヤのように、親知らずとうまく付き合えるかどうか、歯科医院で相談をしてみてもいいのではないでしょうか。


.
.
真鍋 沙紀

旅行や新しいモノゴトに触れることが大好きです☆趣味はマラソン・パン作り・フラワーアレンジメントなど。ファッションにもすごく興味があります。外側だけでなく、内側から磨いてエイジレスな生き方を目指しています♪

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です