乳癌かも?胸のしこりや痛みセルフチェック方法

By  |  0 Comments

芸能人が発症し入院したこともあり、病気の認識や病院での検査意識が一気に高まってきている「乳癌」。
女性の部位別による癌発症率では乳房の癌である乳癌がもっとも多く、毎年4万人の方が発症しているほど身近な病気となっています。
 
そんな乳癌は何より早期発見が鍵になってきます。
定期的に検査を受けることはもちろん、自分の体に何か変化が現れたときは早めに病院で確認してもらうようにしてください。

.

乳癌になりやすい原因

 
乳がん原因
 
乳癌(にゅうがん)は、乳房の乳腺に現れる悪性腫瘍で女性ホルモンのエストロゲンが濃い人ほどかかりやすいといわれています。
 

  • 初経・閉経
  • 初経年齢が平均よりも早かった、または閉経が遅かった方ほど女性ホルモンの働きによって乳癌のリスクが高いといわれています。
    また出産経験がない、授乳経験がない女性も女性ホルモンエストロゲンの影響で発症しやすい傾向にあります。
     

  • 飲酒・喫煙
  • アメリカの研究によると女性の乳癌発症とアルコール摂取は大きな関係があるといわれ、日常的にお酒を飲む人ほど発症率が高いとされています。
    また喫煙も同じく発がん物質が多いので原因の一つとなります。
     

  • 遺伝
  • がんは遺伝によるところも大きく、家系内に乳癌を発症した人がいると確率が高まります。
     

  • 食生活
  • 乳癌を発症した方は糖尿病の患者さんの食生活と酷似しているといわれています。
    それに加えてパン、ケーキなどの甘味、油っぽい食事やジャンクフードなど欧米化された食事もがん発症を高めます。

 
乳ガンは女性ホルモンのエストロゲンの濃度の高さが関係して発症のピークは40代後半だと言われていますが、元アナウンサーの小林麻央さんのように35歳以下で発症する「若年性乳ガン」もあることを忘れないでください。
 
 
 

乳癌の症状をセルフチェックしよう

 
定期検査に加えて、もし自分の胸に何か変化が現れていないか?時々自分でチェックすることも早期発見につながるため大切です。
 
 

胸や脇の下にしこりがないか

 
脇の下しこり
 
乳癌の典型的な症状が「しこりの有無」です。
乳房や脇の下にそっと手を這わせ、何かしこりらしきものが無いかチェックしてみましょう。
このセルフチェックは生理が終わった辺りに毎月行う癖をつけておくことをお勧めします
 
ただし、しこりは乳癌の症状だけでなく放っておいても問題のない良性の腫瘍の場合や、胸の張りや痛みを伴う乳腺症など他の病気の可能性もあります。
 
 

乳房に痛みが走らないか

 
乳房に痛み
 
乳癌はしこりによってチクチクと乳房に痛みが出る場合があります。
特にチクチクと突如現れる痛みが特徴。
※ただし乳癌は基本的に痛みが現れない場合が多いものです。
 
もしジョギング中など体を動かすことで痛みが現れるという場合は、ろっ骨周辺の神経に異常がでている肋間神経痛(ろっかんしんけいつう)の可能性があります。

.

 

乳腺が引っ張られる感覚があるか

両手をバンザイのように上にあげたときに、乳腺が引っ張られるような感覚があれば要注意です。
また、乳頭や乳輪部分に湿疹やただれができることもあります。
 
 

乳房が変形していないか

基本的に乳房の形や大きさは左右違うものですが、「あれ?こんなに違ったっけ?」と形の変形や大きさの違いに気がついた場合もしこりによる変形の可能性があります。
 
 

乳頭からの出血

乳癌の特徴として、乳頭をぐっと抑えると血液が出てくる場合があります。
また柑橘類のように皮膚がむくむこともあります。
その際は必ず早めに病院での診察を受けましょう。
 
 

乳頭周辺に熱をもった痛みやかゆみは無いか

 
乳房全体が痛んだり熱を持っている場合は乳腺炎の可能性があります。
ですが、乳ガンの中でも特殊な「炎症性乳ガン」は乳房の皮膚が赤く腫れてオレンジの皮のような毛穴になります。
このような症状があればすぐに病院を受診してください。
 
 
 

受診は何科に行けばよい?

 
乳癌検診
 
しこりや痛み、乳房の変形など何か気になる点が見つかった場合は、まぁ大丈夫だろうとほっておかずに必ず病院での診察を受けるようにしましょう。
 
そして受診する科は基本的に「乳腺科」や「乳腺外来」がよいでしょう
婦人科でも乳癌について受診できるところもありますので、来院するまえにホームページや電話で確認してみるのがよいでしょう。
 
 
 

乳癌チェックまとめ

 
例えばしこりが見つかったからといって必ず乳癌の可能性があるわけではなく、多くの場合良性腫瘍で問題ないことも多いです。
ただし受診するのが面倒とほっておいたことで、進行がいつの間にか進んでいたという事も多々ありますので、安心感を得るためにも自分の健康維持のためにも必ず診察は受けるようにしてくださいね。


.
.
尾崎 聡子

仕事のハードさから体を壊した事をきっかけに、ロハスなライフスタイルに目覚めました。美味しいもの、ワクワクすること、キレイになれることにも興味深々。日々の生活に根付いた情報を配信していきたいと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です