ニキビ予防のための人気化粧水と大切な選び方

By  |  0 Comments

「大人ニキビ」と「思春期ニキビ」。
大きく分けると2種類のニキビがあります。
 
原因や症状に多少の違いがあるものの、2つのニキビ予防や改善に共通しているのが「保湿」です。
しっかりと保湿をしてあげることがなぜ重要なのか?またニキビには化粧水はNGなんて話も聞いたことがあるし、、と悩みがちですよね。
今回は、ニキビ予防に欠かせない保湿を行う化粧水にポイントを当ててみたいと思います。

.

ニキビ予防に保湿が大切な理由

 
保湿重要
 

  • 大人ニキビ・・・
  • 主に肌の水分量が足りず「乾燥」することで皮脂が過剰に分泌されできる。

  • 思春期ニキビ・・・
  • 主にオイリー肌で皮脂が多い、また脂性肌で毛穴が詰まりやすいことでできる。

 
2種類のニキビの主だった原因には少し違いがありますが、両方のニキビともにターンオーバーを正常に働かせてあげる必要があります。
古くなった角質や皮脂、老廃物を剥がれ落として、新しく健康で美しい肌細胞を作ってあげることで、老廃物(ニキビ)はなくなっていきます。
 
そのターンオーバーを正常に行い、促進させるには何より「保湿」が重要なんですね。
保湿を丁寧にしているだけで、ニキビはどんどん少なく、きれいになっていきます。
 
 
 

思春期ニキビに化粧水はいらない?

 
思春期ニキビ
 
大人ニキビは肌の潤い不足が原因だから「保湿」が重要なのはわかるけど、思春期ニキビはオイリー肌だから逆に化粧水をやめた方がいいんじゃ?と思われる方がいますが、それは逆です。
 
特に洗浄力の強すぎる洗顔料で必死に洗顔だけして、大切な保湿をテキトーにしたばっかりに、肌細胞は水分不足に陥り、それを補おうとさらに皮脂を出す、、という、「オイリーなのに実は乾燥肌」というニキビを作る悪循環はまるパターンも多く見受けられるからです。
 
また、潤い不足になると肌細胞が硬くなり毛穴に皮脂が詰まりやすくなるのもニキビの大きな原因です。
しっかりと必要な水分量を浸透させてあげることで、余分な皮脂分泌を防ぐことができるのです。
 
 
 

ニキビ用化粧水の選び方

 
ニキビを予防する・消すためには化粧水選びを間違えないことが大切です。
でも、たくさんの化粧水が出ている中で何を基準に選べばよいのでしょうか?
コアレディでは、ニキビ肌対策には必ず次の点を重要視して選ぶ様におすすめしています。
 

  • 1.細胞奥まで届く浸透力
  • 特に大人ニキビは肌の深部が乾燥いるために、ヒアルロン酸配合など通常の化粧水程度の浸透力では、肌表面だけで深部に潤いをほとんど与えることができません。
     
    高い浸透力
     
    セラミドやリピジュア、アミノ酸など総合的に保湿成分が配合され、細胞奥まで届く浸透力を高めている化粧水を選ぶことで、ニキビの治りがぐっと早まります。
     

  • 2.ニキビに有効な成分を考え配合されているか
  • 通常の化粧水では「保湿」だけに焦点を当てがちですが、同様に大切なのが有効成分の種類です。
    グリチルリチン酸ジカリウムやサリチル酸に代表される、ニキビの炎症を抑える消炎効果は欠かせません
     
    そして、コラーゲン生成力。
    肌の乾燥はコラーゲン量が少ない場合がほとんどです。
    そこでコラーゲン配合、、となるのですが、コラーゲンは深部まで届きません。
    コラーゲンでななく、コラーゲンを作り出すサポートを行う美容成分が配合されていることもポイントですね。
    また、ビタミンC融合体など皮脂を抑える効果がある有効成分もニキビ予防やニキビ痕の赤みを薄くしてます
     

  • 3.ストレスフリーな素材かどうか
  • ニキビ肌は通常の肌よりも、とても敏感な状態にあります。
    ここに強い刺激を与えてしまうと、肌を傷つけ→皮脂で保護という流れになってしまいますので、いかに負担をかけないストレスフリーの素材で形成されているかが重要です。
    自然由来の成分で作られ、アルコールなど一切使用していない、「肌に違和感を与えない」ナチュラルな化粧水を選ぶようにしましょう。
     

  • 4.美肌作り目的でも使えるか
  • ニキビ肌に悩んでいるとニキビを消す、予防する事ばかり考がちですが、確かにニキビは治ったけど、強引な方法だったために肌がボロボロに、、なんて事もあります。
    ですので、ニキビを治しながら、実は美肌作りができていた!という流れを目指せる化粧水に絞りましょう。

 
 
 

人気のニキビ用化粧水

 
“人気の”とは言っていますが、正直売れている化粧水=効果があるものとは限りません。
テレビCMをガンガン流せば有名になって当然売れますよね?
 
ここでは前述したニキビの化粧水選びに欠かせないポイントを完璧に網羅している、コアレディがおすすめする化粧水を第一に、そしてやはり実際使用している方々の意見が重要ですので、口コミなどから人気の高いものを選びました。
※信頼度の薄いサイトの口コミは一切参考にしていません。
 
 

リプロスキン

 
リプロスキン
 
4,980円
 
ニキビ対策用化粧水といえばこれ!といえるニキビ専用の化粧水です。
 
グリチルリチン酸ジカリウムがニキビを防ぎ肌と整えてくれ、ニキビ痕を消すのにも有効です。
現在ニキビ肌の方や、ニキビ痕を消したい、赤みをなくしたい、化膿しているなどニキビ肌トラブル解決を網羅した化粧水といえます
 
肌を柔軟にするので高い浸透性があり、ナノサイズの美容成分が肌細胞奥にまで届くのも魅力。
少々高めではありますが、ほとんどの購入者が効果の実感している点もかなりすごい化粧水ですね。
 
リプロスキン

→ リプロスキン公式HPはこちら

 
 
 

b.glen(ビーグレン)

 
b.glen(ビーグレン)
 
1,800円(トライアル)
 
クレイウォッシュ(15g)、モイスチャーローション(20ml)、Cセラム(5ml)、リッチクリーム(7g)のトライアルセットが試せるトータルニキビケアです。
 
特に乾燥肌や敏感肌の方にお勧めしたいコスメで、麻酔の浸透技術を化粧品に応用した医学的な浸透力で保湿します。
化粧水ではありませんが、美容液Cセラムは大人ニキビに悩まれている方には即効性が高く効果抜群と感じています。
 
ニキビ

→ b.glen(ビーグレン)公式HPはこちら

 
 
 

化粧水の試し方

 
継続利用
 
化粧水を選んだ後はトライアルも含め、自分の肌に合うかどうか?効果があるかを試して実際に体験してみるしかありません。
※効果に不安を持つ場合は、返金補償があるものを選ぶと安心感があるかもしれませんね。
 
1日でも早くニキビ肌を治したいと思うのは当然ですが、肌に関してはターンオーバー周期である28日(正常時)は必ず続けてみて欲しいところです
 
できれば2、3ヶ月程度続けることで、大きな効果が実感できるかと思います。
なぜならニキビはある時を境に急に改善され始めることが多いからです。
ですので数ヶ月は辛抱して続ける事を決めておいた方が良いです。
継続は力ですよ!
 
ただし肌に合うかどうかは、数日使用してみて「なんだか肌の調子がいい」と感じるものが合う化粧水ですので、それを感じれたら、ぜひ続けてみてください。
 
 
今回は大人ニキビ・思春期ニキビ共に効果的な「保湿化粧水」をご紹介しました。
ですので、まだ10代や20代の方にはちょっと高いな、、と感じるコスメもあったかもしれませんね。
 
ですが、ちょっと頑張って良い化粧水を使うことで、治らなかったニキビ肌をぐっと改善できますので、ちょっと背伸びして使ってみてくださいね。


.
.
佐々木智子

美容師として8年間勤務した後、ファッション業界へ転職。現在はプレスとして活動中です。 興味のあるジャンル:ファッション、ビューティー、旅、インテリアなどなど。 最近はボディバランスを整える事に挑戦中です♪

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です