夏を乗り切れ!夏バテ予防に効果的な食べ物

By  |  0 Comments

 
最近だと30度を越える日が当たり前のようになり、年々暑さがましているように感じます。
 
気温が上がればあがるほど、熱中症や、脱水症状、食欲不振などにかかってしまう人が増えていますよね。
そんな時期だからこそ、しっかりと食事面を見直す必要があります。
 
まだまだ続く夏の暑さに負けないように、食事の一工夫などで日頃から夏バテを予防していきましょう!

.

夏バテの原因

 
夏バテの原因は、夏の暑さが悪いんだ!私は暑さに弱いからだ!と思っている人が多いかと思います。
しかし、夏バテの原因は他にもあります。
 
夏バテ原因
 
そもそも夏バテが起こるのは、夏の高温多湿という環境が続くと体が対応しきれなくなり、体に溜まった熱をうまく放出できなくなるため、体調不良になってしまうということです。
その他には、
 

→疲労の蓄積
→寝不足
→水分不足
→胃腸の働きの悪化

 
などが原因となります。
そこから、食欲不振になったり、体が弱っているからこそ、熱中症になりやすくなったりするということです。
 
 
 

夏バテの予防方法

 
夏バテの原因を知れば、予防することも可能です。
夏バテ予防に重要なことは主に以下の3つです!
 

  • 十分な睡眠をとる
  • 寝不足は、疲労の蓄積にもなる原因です。
    十分な睡眠をとり、暑さでエネルギーを使いさらに疲労が溜まった体を休めましょう。
     

  • こまめな水分摂取
  • 喉が渇いたから飲むでは、すでに脱水症状の一歩手前です!
    喉が渇く前にこまめに水分を取り、体を乾燥から守りましょう。
     

  • バランスの整った食事
  • 疲労から回復させるためにも食事は大切です。
    また、食事も水分摂取の一つとなりますので、水分たっぷりの夏野菜や、エネルギーとなる御飯などをきちんと取るように心がけましょう。

    .

     

    夏バテ予防に効果的な食べ物

     
    夏バテ予防の栄養素としては、ナトリウムとカリウムがキーワードです。

それでは、具体的な食べ物をみていきましょう。
 
  • トマトや茄子などの夏野菜
  • 夏野菜
     
    トマトや胡瓜、ナスなど、夏野菜はみずみずしい食べ物が多いですよね。
    夏の熱を持った体の温度を下げるために、みずみずしい野菜が夏にできるそうです。
    熱を持った体にはナトリウムとカリウムが重要になります!
    夏野菜はカリウムを多く含むので、お塩などをプラスしてナトリウムとカリウムをバランスよく摂れるようにしましょう
     

  • 梅干・レモン
  • 梅干し
     
    夏の暑さで力不足になった体を回復させるにはクエン酸です。
    疲労回復にもなるので、梅ソースにして食事で手軽に摂れるようにしたり、レモンであれば、飲みやすいジュースなどにプラスして一緒に摂るようにしましょう。
     

  • 豆腐・海藻
  • 海藻サラダ
     
    豆腐は良質なたんぱく質のほかに、カリウムも多く含まれます。
    海藻類は、汗で失ったミネラルを補給しましょう。
     

  • お味噌汁など温かい汁物
  • 味噌汁
     
    夏場はどうしても冷たいものばかりを食べてしまいがちですが、冷房の効いた室内などにいる機会が多くなると、体は代謝が悪くなってしまいます。
    そのためお味噌汁など時々は温かい飲み物などを飲んで、冷え切ってしまった体を温め、代謝をアップさせることも夏バテにはとても重要です。

 
 
いかがでしたか?暑い夏は、気づかないうちに食事バランスが崩れたり、体のバランスが崩れたりしてしまうと思います。
突然、体調不良になった…とならないように、日頃から気をつけてみてくださいね。
 


.
.
尾崎 聡子

仕事のハードさから体を壊した事をきっかけに、ロハスなライフスタイルに目覚めました。美味しいもの、ワクワクすること、キレイになれることにも興味深々。日々の生活に根付いた情報を配信していきたいと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です