【音楽療法】ミュージックセラピーの効果や方法などまとめ

By  |  0 Comments

つらいときや悲しいとき、ふと流れてきた音楽に癒やされたされたことはありますか?
また気分もよく体調のいいときに聴くアップテンポの曲は、気持ちをさらにハイテンションにしてくれます。
音楽の持つ癒やしの効果とは?治療としての音楽療法とは?
今回は音楽を使ったミュージックセラピー「音楽療法」についてご紹介します。

.

音楽療法とは

 
音楽療法とは
 
音楽療法とは「ストレスによる病気や諸症状の改善」また「痛みを緩和し生活の質の向上を図る」のを目的とした民間療法です。
 
ストレスに満ちた社会に生きる私たちは、さまざまな悩みやプレッシャーから逃れる方法を日々模索しています。
音楽療法とはそんなストレスから解放される方法の一つ。
 
現在、日本では音楽療法を研究する団体が数多くあり、それぞれが活動を行っています。
もともと音楽が持つ癒やしの効果は、太古の昔から広く知られていました。
心身の傷を癒やす療法としては第二次世界大戦中、アメリカの野戦病院で流した音楽により兵士の回復が早まった臨床から音楽療法の効果が認められるようになりました。
 
 
 

音楽療法が求められる理由

 
ミュージックセラピー
 
まずは患者やクライアントの状態や症状、患者がどのような改善を求めているか、また音楽療法が患者に適しているかを判断します。
例えば何らかのトラウマで強い不安を感じている人、大切な人を失った悲しみの中にいる人、また不安神経症やうつ病などの精神的疾患は、音楽療法で改善する見込みがあるとしています。
逆にクライアントによっては音楽療法が適していない場合もあります。
 
その他、発達障害、高次脳機能障害、不登校児、AHDH、自閉症、リハビリ、ホスピス、薬物中毒、アルコール依存症の治療などさまざまなニーズがありますが、一番重要なのがその患者が音楽療法を「自主的に受けたい」と思ったかどうかもポイントです。
 
 
 

音楽療法のやり方

 
音楽療法は基本的には、音楽療法士と患者とが心地よい時間と音楽を共有することを主体としています。
治療の内容は患者やクライアントにより異なります。
メンタルなプレッシャーがからだのどこに現れるかは個人によって違うためで、治癒へのプロセスはセラピストと患者の間で築く信頼関係の中で少しずつ構築していきます。
患者は音楽に耳を傾けて聴くだけでなく、歌う、踊る、演奏するなどという方法もあります。

.

音楽療法士になるには

 
音楽療法士
 
アメリカでは米国で承認された大学において音楽療法士としてのカリキュラム修了が第一条件です。
またピアノ、ギターなどの楽器を使いこなせることや声楽など、音楽家としてのスキルも必要です。
しかし日本ではあくまで民間療法となるため、もう少しゆるやかな基準です。
いずれにしても音楽療法を受けたいときは、自分の症状にマッチする療法を広くリサーチする必要がありそうです。
 
 
 

音楽療法の効果

 
音楽療法の効果
 

  • 高いリラックス効果
  • 音楽療法の日本での位置づけは、音楽を通じて脳を活性化させるリハビリテーション法のひとつです。
    好きな音楽を聴くことでよく眠れる、食欲が増すなど健康面でプラスのことが多くなります。
     

  • 脳の活性化
  • 好きな曲を聴きながら一緒に歌う、リズムに合わせて踊るなど、音楽療法は脳の活性化に一役かってくれます。
    同時に気持ちが落ち着くなどメンタル面でプラスになることが多いのが特徴です。
    また認知症のお年寄りにとって懐かしい曲は、忘れていたような過去の記憶を簡単によみがえらせることができ、脳の活性化につながります。
    アルツハイマー患者にモーツァルトを聴かせたところ、記憶力が大きくアップしたという研究結果も出ています。

 
 

まとめ

 
普段、なにげなく聴いているお気に入りの曲にも「癒やしの効果」はあるのかもしれません。
またターミナルケア(終末期医療)では、音楽療法を受けた人の寿命が受けていない人より長かったという報告もあり、音楽療法が今後どれだけ普及していくか、期待をもって見守りたいところです。


.
.
尾崎 聡子

仕事のハードさから体を壊した事をきっかけに、ロハスなライフスタイルに目覚めました。美味しいもの、ワクワクすること、キレイになれることにも興味深々。日々の生活に根付いた情報を配信していきたいと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です