【目力命!】目のむくみやくすみを解消するには?

By  |  0 Comments

気になるカレとデート中に上目遣いをしてみたり、仕事のプレゼンで説得力を増すために目力を出してみたり、何をするにも目元って大事ですよね。
 
目は口ほどにものをいうという言葉があるように、目はその人の心の中を映し出す部分として、目の輝きや力が印象を大きく変えます。
 
ですが、そんな目元はどうしても体調や年齢に左右されやすいものです。
今回は目元美人を目指すために、むくみやくすみ解消の簡単なステップとお手入れ方法をご紹介します!

.

目元がむくむ原因は?

 
目がむくむ原因
 
お酒を飲んだり、泣いたりするとむくむのは有名ですが、じつは他の原因もあるんです!
まずは、意外と知らない目のむくみの原因をお教えします。
 

  • 枕の高さが合っていない
  • 寝る際に顎が頭より上がっていると目元がむくみやすくなります。
    いつもむくみがちな方は枕を変えてみるといいかもしれません。
     

  • 塩分のとりすぎ
  • 基本的に塩分をとりすぎると目元だけでなく全身がむくんでしまいます。
    もう一度食生活を再検討することをおススメします。
     

  • 水分が不足している
  • 体の水分バランスが崩れると、体の水分を溜めようとしてむくんでしまいます。
    一日コップ10杯程度の水分補給を心がけましょう。

 
 
 

目元がむくんだときの解消法

 
朝起きたら目元がむくんでいた!
そのままメイクしてしまうと、なんだかぼやけてしまって目力半減です。
 
そんなときは、簡単で即効性抜群のコットンパックがオススメです。
 
コットンパック
 
やり方は水に濡らしたコットンをまぶたの上に乗せるだけ。
5分置くだけでもだいぶ変わりますが、余裕がある時は横になって30分程パックすればさらに効果的です。
ホットタオルと交互にパックすればほとんどのむくみは取れるはず。

.

 

マッサージでくすみがちな目元をすっきり解消

 
コットンパックでむくみは取れても、目元がくすんでいてはもったいない!
そこで、簡単にできるマッサージでくすみがちな目元をすっきり解消しましょう。
 

1.目を閉じて、眉の下あたりを目頭から目尻まで指の腹で優しく押すようにします。

2.目尻まで押したら、次にこめかみまで同様に押しましょう。

3.今度は目の下を目頭から目尻、こめかみまで押します。

 
これを上下ワンセットで3回繰り返せばOKです。
くれぐれも強く押しすぎないようにしましょう!
 
 
 

綿棒で簡単に目元のアンチエイジング

 
目のアンチエイジング
 
目元は他の部分より年齢が出やすい場所です。
日頃から実践することで、アンチエイジングに繋がる綿棒を使った美容法をご紹介します。
 
〈用意するもの〉
・綿棒
・鏡
・ホットタオル
 
 

【シミを予防して若さを保つ方法】
綿棒で側頭葉を刺激することで血流を良くし、シミを防ぎます。
 
①左右の目尻の少し骨がくぼんだ場所のツボを綿棒で肌に対して垂直に10秒程押してください。

②これを一日3回行ってください。

 
 
【クマを解消して目元をはっきり!】
目の下の血流を良くすることで、クマの改善に繋がります。
 
①瞳孔の下と頬骨の上の間の目の下のくぼみのツボを斜め上に突き上げるように綿棒で10秒程押します。

②そのあとホットタオルを目元に30秒あててください。

③これを一日3回行ってください。
 
また、目のクマに関しては専用ケア用品を使用する方法がもっとも効果的です。
自身のコラーゲン生成力を高めて徐々にうすくし、消していく方法ですので根本的にクマを消したい!という方はぜひ試してもらいたい方法です。
 
目元のお悩みを根本から改善する話題の『アイキララ』サイトへはこちら
アイキララ

 
 
いかがでしたか?
年齢や疲れが出やすい目元も、毎日のちょっとした習慣で改善できますよ。
むくみやくすみ、クマを解消して目元美人を目指しましょう!
 


.
.
永井 絢乃

出産をきっかけにキレイと子育ての両立を目指してます。 興味のあるジャンルは心理学と美容です。 最近は子供と一緒に出来るベビーマッサージオイルとヨガにハマってます♪

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です