手作りアロマ化粧水で自然派アンチエイジング♪

By  |  0 Comments

 
忙しい毎日を過ごしながらも現代社会のストレスや季節の変わり目は、女性にはお肌のハリやかさつきが気になるもの。
 
できれば簡単に、自宅でお手軽で肌にやさしい自然なアンチエイジングが出来ないものか?とだれでも思いますよね。
 
そこで 自分でできるロハスなアロマでできる化粧水の作り方をご紹介したいと思います。

.

アロマの香りは美人を作る万能薬?!

 
アロマオイルは、今ではドラックストアやコスメ用品・最近ではお香としてのアロマオイルは100均なんかにも見かけるようになりましたね。
 
アロマは本来香りを楽しむもので、気分をリラックスさせる効果や、エステサロンなんかでは香りを利用してのリラクゼーションに使用されています。
 
そしてアロマの効果は美肌に良い効果をもたらすだけでなく、女性ホルモンの向上やシミ・シワ・そばかす、アトピーや疾患の療法にまで浸透できる、言わば自然のお薬(漢方薬)になる効果を発揮してくれます。
 
 
 

アロマエッセンスと女性の健康との関係

 
アロマオイル
 
アロマの成分には、自然のハーブから抽出された細やかな分子構造で出来ているので、有効成分が凝縮されていて純度の高い物質なのです。
 
アロマの成分により様々な効果があり、その中でも美容や美白効果に好まれやすいのが保湿効果の高いカモミールや、女性に好まれやすい香りのローズヒップなどがあります。
 
カモミールは、精神面での不安や緊張えをほぐしてくれる要素もあり、内側からの解放で生理不順やアトピー系の方にまで、親しまれやすいアロマオイルです。
 
美肌効果に良いオイルにはラベンダー・ローズヒップ・グレープフルーツなどがあり、メラニンの生成を抑える働きや、紫外線や肌の細胞のキメを整えてくれる効果もあります。
 
イランイランや・オレンジスイートなどは 安眠効果や毛穴の引き締めにも有効で、シワ・シミなどお肌のハリとツヤを守る効果があるので、アンチエイジングとしても人気があります。

.

 

手作りアロマ化粧水の作り方

 
それでは、前置きが長くなりましたが、手作りアロマ化粧水の作り方についてです。
 
手作り化粧水
 
まずは、
 

【用意するもの】
◆無水エタノール ティースプーン1杯
◆精製水      5ml
◆液体グリセリン 100ml
◆好きな精油 5滴 (お肌の効果がほしい成分のものをひとつか2つ選んでください。)
 
【作り方】
①まず、エタノールを大体大さじ1杯の分量で、化粧水が入る容器やカップにいれます。
②次に肌の用途にあわせて選んだアロマオイルを 合計で4、5滴程エタノールをいれた容器に落とします。(柑橘系や匂いのきついアロマオイルは少し少なめで調整してください。)
③その後、液体グリセリンを5ml程入れて 軽くかき混ぜます。
④最後に精製水を容器に入れます、全体的に50mlになる目安で入れます。
⑤最後に化粧水として保存できる容器やスプレーミストの容器に移し替えて保管します。
 
※エタノールやグリセリンは、ドラックストアなどで販売しています。
※柑橘系のアロマオイルなどは、温かい季節や夏などには成分が空気に触れると匂いがすぐに変化する場合もあるので、できれば半月ほどで使いきれる分量で、小分けして作るのが好ましいかと思います。
※保管方法は できれば涼しいところや冷蔵庫など。使用する以外は保管すると長持ちします。
 
 
 

アロマ化粧水でお肌のパックも

 
作ったアロマ化粧水をティシュペーパ2枚程に濡らして広げ、(洗面器などの付けて浸すとやりやすい。)
お風呂上がりに美容パックとして5~10分程パックするのも、浸透率がぐっとアップして効果的ですよ。
 
 
いかがでしたか?
今回の化粧水はお風呂上がりの美容液としても、季節の変わり目のお肌の崩れや室内での冷暖房・日頃の紫外線対策などにも大変効果的ですので、ぜひ一度お試しくださいませ。
 


.
.
真鍋 沙紀

旅行や新しいモノゴトに触れることが大好きです☆趣味はマラソン・パン作り・フラワーアレンジメントなど。ファッションにもすごく興味があります。外側だけでなく、内側から磨いてエイジレスな生き方を目指しています♪

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です