女性に多い下肢静脈瘤の原因・症状・予防法まで

By  |  0 Comments

足のすねやふくらはぎがボコボコとコブのように盛り上がってしまっている人を見たことがありますか?
そこまでひどくなくても青く浮き出た静脈に「もしかすると自分も静脈瘤(じょうみゃくりゅう)かも」と不安になっている方も多いかもしれません。
 
特に女性が発症する場合が多く、出産経験のある女性に関しては実に2人に1人発症するというデータもあります。
見た目も痛々しくまた実際に痛みも出る場合がある下肢静脈瘤。
なんとか改善する方法はあるのでしょうか?みていきましょう。

.

下肢静脈瘤の女性

 
著者が以前プールに行ったときのこと。
プールでの女性といえば水着からスラリと伸びた足がとても健康的なイメージですよね。
 
そこに今考えると下肢静脈瘤の女性がいらっしゃったのですが、ひざから下がなにか異物を入れたかのようにボコボコとふくれあがっていたのです。
なぜ膨れ上がっているのだろう?と、そのときはまだ理解できずただただ驚いたことを覚えています。
 
 
 

静脈瘤になってしまうの原因とは?

 
下肢静脈瘤原因
 
静脈瘤は、静脈(血管)がコブ(瘤)のように膨れ上がってしまう、血管の病気の一種です。
そして静脈瘤になる主な原因がこちら。

  • 加齢と女性
  • 静脈瘤とは「足の一部の静脈で血液が足に逆流して戻ってしまうために血管にコブができてしまう」こと。
    男女比は圧倒的に女性に多く、10代から20代は約10%程度、40代になると55%と「2人に1人」という計算になり、70代になるとなんと75%にものぼります。
     
    加齢により増えるのも特徴で、これだけでも多くの女性が静脈瘤に悩まされているということになります。
     

  • 遺伝
  • 遺伝による影響は約90%の確率というデータもあり、親が静脈瘤の場合、その子どもも静脈瘤のDNAを受け継ぐ可能性が高いということになります。
     

  • 立ち仕事
  • 立ち仕事の場合、静脈瘤になる確率が高く、またその中でも特にその場に立ちっぱなしで歩かないという仕事の場合、静脈瘤のリスクがさらに高く現れます。

 
 
 

下肢静脈瘤の症状

 
下肢静脈瘤症状
 
足の血管の病気である下肢静脈瘤(じょうみゃくりゅう)には、具体的にどのような症状ば現れるのでしょうか?
 

  • 足が痛い
  • 一般的に静脈瘤がある部分にはズキズキしたりチクチクとした痛みが出ます。
     

  • 足がだるい
  • 静脈瘤の初期症状のひとつが「足のだるさ」。
    コブが現れていない場合でも足がだるくて仕方がないというときは静脈瘤が疑われます。
     

  • 足がむくむ
  • 静脈瘤によるむくみの大きな特徴は、夜のむくみが一番ひどく朝になると改善されるということ。
    また足先からひざ下までのむくみというのも特徴です。
    しかし太ももにはむくみは現れません。
     

  • 足がかゆい
  • 静脈の血液がたまるとその部分がうっ血し、その部分にかゆみが現れることがあります。
     

  • 足がつりやすくなる
  • 「下肢静脈瘤の約7割の人に足がつる症状がみられる」というデータがあります。
     

  • 潰瘍ができるなど
  • 静脈瘤により赤い湿疹や色素沈着がみられる場合、放置するとその部分の皮膚が潰瘍になることもあります。

.

 

下肢静脈瘤がひどくならないための予防法

 

  • 静脈の逆流を防ぐ
  • 就寝時、足の下にクッションを置くなどして少し上げて寝ると効果があります。
     

  • 弾性ストッキングを履く
  •  
    弾性ストッキング
     
    ドラッグストアやネットで入手できる弾性ストッキング。
    症状が軽くなる場合が多いので要チェックです。

 

 
 
 

妊娠中の静脈瘤

 
妊娠中
 
妊娠することにより約一割程度の妊婦に静脈瘤がみられることがあります。
しかし出産によりそのほとんどの人は改善されるようです。
そのため妊娠中の治療は必要ないとされていますが、もし痛みがひどい場合はかかりつけ産科医に相談してみてください。
 
 
 

まとめ

 
静脈瘤の症状が朝よりも夕方以降に起きることが多いのは、足元に血液がたまるため。
それを少しでも防ぐために上記の方法をすぐにでも試してみてください。
 
そうはいっても足のだるさは痛みはとても気になるもの。
しかし症状の急激な悪化や静脈瘤があることで命取りになるようなことはまったくありません。
 
日常的に静脈瘤防止策を実行すれば症状の進行を抑えることができますが、もし「これは悪化しているのでは?」と感じたら血管外科や静脈瘤専門の医療機関への受診をおすすめします。


.
.
尾崎 聡子

仕事のハードさから体を壊した事をきっかけに、ロハスなライフスタイルに目覚めました。美味しいもの、ワクワクすること、キレイになれることにも興味深々。日々の生活に根付いた情報を配信していきたいと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です