自宅で加圧トレーニングを行う方法や注意点って?

By  |  0 Comments

トレーニング好きならもうすでに取り入れている「加圧トレーニング」も、トレーニングそのものに興味の無い人にとっては、いまいちピンと来ないかもしれません。
 
しかし巷で話題になるからには、その効果が想像以上のものであることは間違いありませんが、パーソナルトレーナーに付き添われ行う 本格的なトレーニングは「ちょっと気がひける」「ハードルが高い」と思われる方も多いと思います。
 
ですが、もし自宅で加圧トレーニングが行えるのであれば、なんだかとっても良さそうですよね。
さっそくみていきましょう。

.

加圧トレーニングとは?

 
加圧トレーニングとは
 
まずこの言葉としてはよく聞く「加圧トレーニング」とはどんなものなのでしょうか?
 

  • 「正座のしびれ」から発明されたのが加圧トレーニング
  • 効果の高いトレーニング法として今や人気が定着した加圧トレーニング。
    その発明と開発は意外にも日本人ということを知っていましたか?
     
    医学博士の佐藤氏は常日頃、ボディビルダーの効果的なトレーニング法を模索していました。
    ある日、法事の席で長時間の正座で起きた足にしびれからヒントを得たのち、加圧トレーニングの方法を編み出し、確立させました。
     
    自らスキーで負った怪我を加圧トレーニングにより早期回復させ、リハビリとしての有効性も確認しました。
    その後、加圧トレーニングは爆発的にヒットし現在に至ります。
     

  • ハードで負荷の高いトレーニングを人工的に作る
  • 腕と脚の付根に専用のベルトを締め、血流を制限するだけでハードなトレーニングにレベルアップできるのが加圧トレーニングです。
     
    単なるトレーニングより、加圧トレーニングをメニューに加えるだけで効率良く筋力アップできるのが大きな特徴です。

 
 
 

加圧トレーニングの効果・メリット

 
効果メリット
 

  • 短時間で効果が上がる
  • 上肢約10分、下肢15分が運動の目安。驚くほど短時間の運動でも効果が高く表れます。
     

  • 血流改善
  • 浮腫やむくみ、首こりや肩こりが悩みなら、加圧トレーニングはその解決策としてとても有効です。
    静脈側を専用のベルトで制限する加圧トレーニングにより、腕や脚の血流が一時的に滞ることで次に毛髪よりも細い毛細血管へと流れます。
     
    手や足部分に全身の約80%の毛細血管が集まっているといわれていることから、むくみや肩こりなどの不定愁訴が一気に改善します。
     

  • トレーニングが辛く感じない
  • 加圧トレーニングは、今までの「トレーニングはハードで辛い」というイメージを一気に払拭しました。
    「トレーニングが長続きしたことがない」という人にもおすすめです。

 
効果の高い加圧トレーニングですが、ジム通いでのトレーニングは意識が高い時は良いのですが、予約してたけど急用が入ってしまった、、冬場で行く道中が寒くて、、仕事が忙しくて、、など、1度通うのが億劫になるとどうしても続けずらい点もあります。
 
自分の時間でちょっとした空き時間に行いたい場合は、自宅でのトレーニングがおすすめです。(もちろん意識ややる気はあなた次第ですよ!)

.

 

自宅で行う際に必要なツール

 
カーツ
 
加圧トレーニングを行うには、加圧を加える専用道具がまずは必要になってきます。
 

  • 「カーツ」
  • ウェアとベルトが一体になっているもので、気軽に加圧トレーニングにチャレンジしたいのであればこちらがおすすめです。
    女性用シャツ13,000円〜、ストレッチパンツが18,000円前後となっています。
     

  • 「筋力アップクン」
  • 加圧トレーニング専用ベルトが「筋力アップクン」です。
    腕用、脚用各2本づつで約10万円と高額ですが、この金額にはセミナー料金が含まれています。

詳細は割愛しますが、ネット上でも販売しているサイトもありますので、興味がある方は探してみてください。
 
また加圧ベルトなど、簡易な加圧グッズもアマゾンなどで販売されていますので、その辺りから始めるのも気軽に始められるのでおすすめです。
 

 
 
 

自宅加圧トレーニングの注意点

 
注意点
 

  • 必ず専門家のアドバイスや講習を受けてから
  • 加圧トレーニングには「加圧インストラクターのアドバイス」が必ず必要です。
    自宅で行うとはいえ必要なツールは決してローコストではありません。
     
    せっかくそのようなツールを入手したのであれば、より効率的に結果を出したいもの。
    そのためにもまずは必ずジムなどで何度か適切なアドバイスを受けましょう。
     

  • ダイエットには不向き
  • 体重を落とすだけが目的であれば、加圧トレーニングは不向きです。
    体重を落とすには脂肪燃焼がマスト。
     
    有酸素運動を行えば脂肪燃焼が活発になるので、ランやウォーキングをメインにしサブ的に加圧トレーニングを取り入れれば、必ずダイエットは成功しますよ。

 
 
 

まとめ

 
自宅で行えばいつでも効率良く運動ができるとあって、さらに人気沸騰中なのが加圧トレーニングです。
 
しかし現在、KAATSU JAPAN株式会社が認定した有資格者「加圧インストラクター」以外は、加圧トレーニングの指導はできないとされています。
 
最初に正しい方法で指導を受けさえすればあとは安心。
あとは自宅で効率良い運動が短時間でできれば言うことなしですよね。
スポーツクラブによっては、低料金で加圧トレーニングを体験することも可能ですので、ぜひチェックしてみてください。


.
.
佐藤 由香

京都出身。オーガニック子供服を販売するネットサイトを運営しながら、現在はアロマトリートメントについても独学で勉強中。女性らしく、ココロもカラダも美しいライフスタイルを目指しています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です