【女性の薄毛対策】女性ホルモンを増やす方法

By  |  0 Comments

年齢や生活習慣の乱れ、ストレスや遺伝など薄毛の原因は多種に渡りますが、女性ホルモンの減少やバランスによるところが非常に大きいのが「女性の薄毛」です。
加齢やストレスによって女性ホルモンが減少しているだけでなく、逆に男性ホルモンが増えて体が男性化している人も!?
そこで今回は薄毛の原因でもある女性ホルモンについてお届けしていきます。

.

男性ホルモン量を減らす努力を

 
男性ホルモン
 
女性の方が抜け毛が増えた、薄毛になってきた、、という場合、男性ホルモンの分泌が過剰になっている場合がほとんどです。
これは加齢によって女性ホルモンが減少していたり、ストレスで男性ホルモン量が増えたりなどの原因の組み合わせによっておこります。
 
男性ホルモンが過剰に分泌されていると、ニキビが増えたり、オイリー肌になりがち、PMS、体毛が濃くなるなどの変化も起きやすくなります。
そこで育毛剤などを使用する前に、過剰に分泌された男性ホルモンを抑え、女性ホルモン量を正常に戻す努力をすることが必ず必要になってきます。
 
 
 

女性ホルモンを増やし優位にする方法

 
減少している女性ホルモンを増やし、男性ホルモンを減少させるには具体的にどのような対策を用いればよいのでしょうか?
 

ストレスの軽減

 
ストレス軽減
 
ストレスが脳へ信号を送り女性ホルモンの分泌を低下させてしまいます。
またストレスが男性ホルモンを優位に働かせる動きをし、体毛を濃くしたり、逆に頭の脱毛にも繋がります。
運動をしたり、マインドをポジティブにする練習をしたり、リラックスタイムを設けたりとストレスの軽減に努めましょう。
 
 

アロマターゼ酵素を増やす

 
アロマターゼ酵素
 
女性ホルモンを作る酵素であるアロマターゼ酵素を体内で増やすことも大切です。
アロマターゼの活性化につながる「トマト」「にんじん」「レモン」「納豆」などを積極的に摂り、逆にアロマターゼを妨害するチョコレートなどの摂取は控えることがオススメです。

.

 

体を冷やさず規則正しい生活を

 
体を冷やさない
 
体の冷えや乱れた生活環境も原因の一つです。
できるだけ湯船に浸かって体を温め、夏場でもあまり体を冷やさない努力が必要です。
また睡眠不足など生活面ももう一度見つめ直してみましょう。
 
 

ハーブで増やす

 
ハーブティー
 
ハーブは漢方薬と同じくらい女性ホルモンを増やす事ができます。
特にオススメなのが、「ローズ」や「セージ」、婦人病の薬としても使われていた「カモミール」です。
ハーブティーはストレス解消効果もあるので、リラックスティータイムとしてハーブを飲まれるのも非常にオススメです。
 
 

食生活を見直す

 
イソフラボン
 
お肉中心であったり、バランスが悪い食事もNGです。
薄毛に関わらず、食べ物の影響は非常に大きいのでしっかりバランスを考えて摂るようにしましょう。
また大豆に代表される「イソフラボン」は女性ホルモンであるエストロゲンに良く似た働きをしてくれるため、意識的に摂取したい栄養素ですね。
1日に必要なイソフラボン量40〜50mgは納豆1パックや、豆腐1/2丁でまかなえますので、毎日続けて摂ることをオススメします。
 
女性の薄毛や抜け毛の対策・改善をするには、まずは女性ホルモンの分泌バランスを正常化させる事が非常に重要になってきます。
日常や食生活を改善した上で、育毛を助けるため「育毛剤」を手段の一つとして利用していくW処方が一番効果的です。


.
.
竹下 優美

オーガニックコスメメーカー勤務。女性がキャリアも美しさも自分らしいライフスタイルで過ごせるようにサポートしたいと思っています。マクロビオティックやアーユルヴェーダを実践している二児の母でもあります。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です