【髪の広がり・うねり】を抑えて直す対処法

By  |  0 Comments


過ごしやすい秋とはいえ、最近は雨が降ってジメジメするなんてことが多くなってきましたよね。
そうなると、せっかくセットした髪の毛がうねったり広がったりして大変です。
今回はそんなジメジメした日に知っておきたい髪の毛の対処法をご紹介します。

.

髪の毛が広がったりうねる原因

 
うねりや広がり
 
髪の毛の広がりやうねりはダメージがある証拠です。
髪のキューティクルがはがれている箇所から湿気が吸収されてしまい、髪の毛が膨らみクセやうねりに繋がってしまうんですね。
くせっ毛の人がお風呂上がりや汗をかくとクセが強くなるというのも、水分によって膨張した結果なのです。
 
 
 

うねりや広がりのない髪の毛にする方法

 
それでは具体的な解決方法をご紹介していきたいと思います。
 

  • ポイント.1 ドライヤーの乾かし方
  • 髪の毛全体がうねりがちな人はドライヤーの乾かし方を少し変えるだけでかなり改善します。
    ドライヤーで乾かすときに根元からしっかりと起こすように風を当てるとクセが出にくくなります。
    髪の毛の広がりやすい人はつい抑えて乾かしがちですが、じつは根元を起こしながら乾かす方が全体の広がりやクセを抑えることができるのです。
     

  • ポイント.2ブローは半乾きから
  •  
    ブロー方法
     
    じつはブローのタイミングも重要!
    まずは髪の毛を根元から起こし、ドライヤーで8割ほど乾かしておきます。
     
    その後、洗い流さないトリートメントで毛先→中心→全体と手で揉み混むようにしっかりと浸透させてください。
    最後に毛先をしっかり乾かすようにブローします。
    朝にシャンプーをしない場合は、髪の毛を水の霧吹きなどで濡らして半渇き程度にしてから同様にしてください。
     

  • ポイント.3仕上げにオイルトリートメントを
  • ブローが終わったら仕上げにオイルトリートメントを毛先から全体へとなじませてください。
    パサつきだけでなく、湿気をはじいてくれるので広がりやうねりも抑えてくれます。
    また、乾燥や紫外線から保護してくれるのでオススメです。
     

    .

     

  • ポイント.4ブラッシングでヘアケアをしよう!
  •  
    ブラッシングでヘアケア
     
    オイルトリートメントをつけた後にブラッシングを念入りにすることでより広がりやうねりを抑えられます。
    髪全体にオイルトリートメントが行き渡るので湿気の吸収をより防いでくれます。
    また、キューティクルも整うのでツヤも手に入れられますよ。
     

  • ポイント.5最後にハードスプレーをすると効果的
  • セットが終わったらハードスプレーをかけるとさらに効果的です。
    湿気のせいでセットしてもすぐに崩れやすい人は必ずしハードタイプのヘアスプレーをしてください。
    表面がコーティングされるのでくずれにくくなりますよ!

 
 
 

他にも効果的なワンポイントテクニック

 
きれいな髪の毛
 
まだまだ髪の毛の広がりやうねりを抑えるテクニックはありますのでご紹介します。
 

  • ブローは最後に冷風で整える
  • 冷風であてることでキューティクルが整うだけでなくセットを固定してくれます!
     

  • シャンプーをうねりや広がりに効果的なものに変える
  •  

  • 頭皮ケアをする
  • うねりの原因のひとつに頭皮の老化があります。
    肌同様、マッサージや乾燥を防ぐと良いでしょう。

 
いかがでしたか?
髪の毛のうねりや広がりとは無縁のおしゃれな秋を楽しんでくださいね!


.
.
真鍋 沙紀

旅行や新しいモノゴトに触れることが大好きです☆趣味はマラソン・パン作り・フラワーアレンジメントなど。ファッションにもすごく興味があります。外側だけでなく、内側から磨いてエイジレスな生き方を目指しています♪

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です