モロッコのガスールとは?メリット効果や使い方

By  |  0 Comments

モロッコとは北アフリカに位置し北は地中海、東はサハラ砂漠に面した国です。
日本でも昨今モロッコのインテリアが人気を集めていますが、さらに話題沸騰なのがこの国に住む女性たちの美しさです。
 
そして、その美しさの秘訣とも呼べるのが「ガスール」。
モロッコ美人たちが使っているこのガスールにはどのような効果があるのでしょうか?

.

ガスールとは?

 
ガスールとは
 
ガスールとはモロッコ産の粘土のこと。
クレイパックといえば聞いたことがあるかもしれませんが、このガスールはモロッコの山でしか採れない100%天然の粘土のことをいいます。
 
お値段は500gで約1,800円ほど。
しかし一度に大量に使うことがないので「なかなか減らないのも嬉しい!」というユーザーの声もあります。
 
 
 

ガスールを使うメリット・効果

 
ガスール効果メリット
 

  • シャンプーや石鹸を使わなくてすむ
  • 天然の粘土ガスールは吸着性に優れています。
    現在市場に出回っているシャンプーやボディソープの成分表を見ると100%ナチュラルな成分は皆無ですよね。
    場合によっては添加物だらけだったりもします。
    肌に合えばいいのですが、なるべくならオンリーナチュラルを肌に付けたいところですが、ガスールなら完全無添加。
    既存のシャンプーや石鹸を使わなくてもすみます。
     

  • 頭から爪先まで使える
  • 髪、顔、さらにボディにいたるまで「全身ガスールだけでOK」とは夢のようですね。
     

  • 皮膚が柔らかくなる
  • 高い保湿力でしっとりとした肌に変化すると同時に皮膚に柔らかみが出ます。
     

  • 入浴剤としても使える
  • よく温まるのが特徴です。さらにガスール入りのバスタブの中で肌を撫でさすりするだけで石鹸で洗ったのと同じ効果があります。
    わざわざ石鹸やボディソープで洗わなくてもいいとはちょっと信じがたいところ。でも試してみたいですね。
     

  • 美白効果がある
  • ガスールの吸着性は肌の美白効果をうながしてくれます。
    特にパックしたあとは肌がワントーン白くなるのを実感できます。
     

  • 保湿効果がある
  • 汚れを吸着してくれるのにしっかりとした保湿効果もあります。
    乾燥肌の人も安心ですね。
     

  • 角栓除去効果がある
  • 気になる角栓がスッキリ。毛穴が目立たなくなる効果もあるようです。
    いちご鼻が悩みだったらぜひ試して。

.

 

ガスールの使い方

 
ガスール使い方
 

【シャンプーとして使う場合】
 
洗面器1/3程度のお湯の中に粉末ガスールを大さじ1杯程度入れて溶かし、頭にかけます。
地肌を軽くマッサージしたあと軽く洗い流します。
 
リンスは必要ありませんが香りが欲しい場合は好みのリンスで仕上げてください。
また今まで使っていたシャンプー剤に少量のガスールを混ぜて使うこともできます。
 
【石鹸代わりに使う場合】
 
ガスールを水で溶かし、ゆるいペースト状にしてから全身に塗り使います。
その後お湯で洗い流します。
 
【入浴剤として使う場合】
 
大さじ3杯程度の粉末ガスールをバスタブに張ったお湯に入れ溶かします。
好みで天然塩をひとつかみ入れるとさらに温浴効果がアップしますよ。
 
【フェイスパックとして使う場合】
 
大さじ1杯の粉末ガスールを2〜3倍の水で溶かし、よく混ぜてペースト状にします。
顔全体にくまなく伸ばし数分おき、乾く前に水で洗い流します。
 
 
 

まとめ

 
ガスールを使っている人たちの大半はその効果の高さを実感し、迷いなくリピ買いしているようです。
モロッコの風土が生み出したナチュラルクレイ「ガスール」。美肌のためになくてはならないものとなりそうですね。
 
もし敏感肌でしたらお顔に直接塗る前に腕につける「パッチテスト」をおすすめします。
またパックや洗顔の際は目に入らないように注意してくださいね。


.
.
佐藤 由香

京都出身。オーガニック子供服を販売するネットサイトを運営しながら、現在はアロマトリートメントについても独学で勉強中。女性らしく、ココロもカラダも美しいライフスタイルを目指しています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です