妊娠中でも安心!ノンカフェインの飲み物を紹介

By  |  0 Comments

 
妊娠中にほとんどのママさんが困る事のひとつ・・・。それは、大好きだったコーヒーや紅茶、お茶が制限されることではないでしょうか?
 
妊娠前には、コーヒーを一日に何倍も飲んでいた方なら尚更キツイですよね。
コーヒーやお茶を飲むことで一息つく事を習慣化していた人には、息抜き方法が無くなってしまうと感じると思います。
 
そこで、妊娠中でもカフェインの心配のない飲み物をご紹介します。

.

妊娠中のカフェインが良くない理由

 
カフェインは、一定量以上を習慣的に摂取すると、早産や流産、低出生体重時の原因になると言われています
 
また、妊娠中には普段より多くのカルシウム摂取が不可欠ですが、カフェインには尿に排出されるカルシウム量を増やしてしまう性質があるので、せっかくカルシウムを摂取しても多くが流れ出てしまうのです。
 
そして、カフェインは鉄分の吸収も妨げるため、妊娠中に陥りやすい貧血の原因にもなると考えられています。
 
それだけでなく、ママが摂取したカフェインは胎盤を通って胎児に流れてしまうので、赤ちゃんの体にも大きな負担をかけてしまいます。
出産後も、カフェインをママが摂取すると母乳を通して赤ちゃんの体に送られることで落ち着きがなくなったり、興奮して泣き止まなかったり…という事があります。
また、乳幼児突然死の確率が高まるという報告もあります。
 
 
 

一日に摂取しても良いカフェイン量

 
カフェイン
 
妊娠中一日に100mg以上摂取すると流産の確率が高まるという報告があります。
100mgとは、ドリップタイプのコーヒーだとたったカップ1杯。
インスタントコーヒーならカップ1.5杯。
紅茶や煎茶だと、3杯位の量です。あっという間に摂取してしまう量ですよね。
 
イギリスの研究では、妊娠初期の妊婦を対象にカフェインと出生体重の関係を調査した結果、一日にカフェイン100mg以下の人と比較して、低体重児を出産するリスクは、1日100mg~199mg以上では、20%高くなり、200~299mgでは40%、300mg以上では50%高くなると報告されています。
怖いですね。
 
 
 

カフェインを含む飲み物

カフェインが含まれている飲み物と聞いて真っ先に思い浮かぶのが、コーヒー、紅茶、煎茶などですね。
それ以外にも、コーラ、ココア、チョコレート、栄養ドリンクなどにも含まれるので飲みすぎは厳禁です。

.

ノンカフェインの飲み物

 
妊娠をする前は知らなかったりしますが、ノンカフェインのお茶・紅茶・コーヒーがあるのです。
 
ノンカフェインの飲み物は、カフェインレス・デカフェ・ディカフェ・カフェインフリーなどと表記されていて、
本来カフェインを含んでいる飲み物からカフェインを取り、カフェインの添加を行わないことで、カフェインが含まれていないものを指します。
 
スーパーなどでも手に入りますが、ネットやコーヒー専門のチェーン店などでも、デカフェを注文できるお店もあるので一度確認をしてみる価値があります。
 
その他、カフェインレスの飲み物を紹介します。
 

【お茶編】
 
たんぽぽ茶
 
*たんぽぽ茶
*黒豆茶
*麦茶
*ゴーヤ茶
*そば茶
*ルイボスティ
 
 
【紅茶編】
 
カフェインレス紅茶
 
*ハーブティ(AMOMAマタニティブレンド)
*カフェインレス紅茶(ネットなどでも購入可)
 
 
【コーヒー編】
 
カフェインレスコーヒー
 
*たんぽぽコーヒー
*テスターズチョイス デカフェ
クライス カフェインレスインスタントコーヒー
*ネスカフェ ゴールドブレンドカフェインレス
 
 
【チョコレート編】
 
*キャロブチップス
*キャロブサクサクチョコレート
 
 
探してみると結構ありますよね。
妊娠中だからコーヒーが飲めない…という我慢の日々から開放されて妊娠中でも安心して飲めるドリンクで、ぜひマタニティライフを楽しんでくださいね。
 


.
.
佐々木智子

美容師として8年間勤務した後、ファッション業界へ転職。現在はプレスとして活動中です。 興味のあるジャンル:ファッション、ビューティー、旅、インテリアなどなど。 最近はボディバランスを整える事に挑戦中です♪

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です