目指せピンク色!乳首の色を薄くする脱色クリーム

By  |  0 Comments

顔の皮膚の色に遺伝や個人差があるように、乳首(ちくび)の色にも個人差があります。
 
TV番組でも乳首の色を指摘され「遊んでる・遊んでない」なんて未だにバラエティでいわれていますが、乳首の色に実際そのような意味合いはあらわれません。
それでも友人や彼氏の目にとまった時「どういう印象だろう?」と気になるものですよね。

.

乳首の色が変色する原因

 
乳首黒ずみ
 
色味には遺伝性があるとはいえ、生まれた時から黒ずんでいる人はいませんよね。
乳首の変色は「メラニン色素」の沈着によるもので、そこにはちゃんと理由があります。
 

  • 加齢によるもの
  • 他の皮膚と同じく、年齢とともにターンオーバーが乱れだすと新陳代謝が遅くなり、メラニン色素がたまりやすく黒ずむ傾向にあります。
     

  • ホルモンバランスの変動
  • 女性の場合加齢によるホルモンバランスの変動と共に、特に妊娠・出産という大きなホルモンバランスが変わる時期があります。
    妊娠すると子供の成長を助けるプゲステロンの分泌によってメラニンが活性化して黒く変色していきます。
     

  • 刺激による黒ずみ
  • ブラジャーのサイズが合っていないなど常に乳首が刺激にさらされていると、乳首を守ろうとメラニン生成力が高まることもあります。
    このため「遊んでいる・遊んでいない」というという都市伝説が生まれましたが、全く関係はありません。

 
原因はいくつかありますが、基本的に年齢とともに徐々に乳首の色は変色するのが当たり前といえます。
 
 
 

乳首の色を薄くする方法

 

  • 皮膚科・美容外科の利用
  •  
    美容整形
     
    乳首の黒ずみを治す方法として、皮膚科と美容外科の利用があげられます。
    強力な美白成分であるハイドロキノンを使ったり、美容外科でのレーザー治療を行っていくことで改善する方法です。
     
    ただし「治療代が高額になる」「通院が恥ずかしい」などのデメリットも確かにあります。
     

  • 脱色クリーム・コスメの利用
  •  
    脱色クリーム
     
    安価で乳首の色を薄くするためには「駄色クリーム」の使用がベストといえます。
    「トラネキサム酸」など厚生労働省にも認められている高い美白成分に加え、ヒアルロン酸などターンオーバーを促進する保湿成分からなる、乳首専用の黒ずみケアは、時間こそ若干かかりますが目立たず徐々に色を薄くできるのでおすすめです。

 
※乳首は意外とカサつきやすく繊細な肌質ですので、自然由来で肌に負担のかからない解消コスメの利用がよいでしょう。
.

 

黒ずみ解消コスメの利用

 
コアレディでは、「効果」「価格」「安全性」など総合的評価から次の黒ずみ対策コスメをおすすめしています。
 
※主に乳首の黒ずみ解消ケアに特化したものを選んでいます。
 
 

ホスピピュア

 
ホスピピュア
 
5,500円/30g(1ヶ月)
厚生労働省認可のトラネキサム酸や、メマツイグサ、ヒメフロウエキスなど多種な保湿・美白成分に加え、抗炎症成分も5種類配合。
湘南美容外科との共同研究で開発された乳首の黒ずみ専用コスメで、効果の有無や口コミの高さもとても評価の高いコスメです。
もちろん香料や着色料など無く自然由来成分・無添加ですので敏感肌の方でも安心です。
 
ただし定期購入が最低3回必要なのがネックですが、本当に乳首の色を薄くしようとした際の継続時間を考えると3ヶ月は続けるべきと考えていますので、効果の高さから選出しています。
 
ホスピピュア

→ ホスピピュアHPはこちら

 
 
 

ホワイトラグジュアリープレミアム

 
ホワイトラグジュアリー
 
5,537円/25g(1ヶ月分)
雑誌やTVで取り上げらることが多く有名な「ホワイトラグジュアリープレミアム」。
乳首の黒ずみ除去、脱色クリームといえば、このコスメをイメージされる方も多いのではないでしょうか?
7種類の有効美白成分と9種類の高保湿美容成分で黒ずみにアプローチし改善。
厚生労働省も効果と安全性を認めている優秀なコスメです。
 
デリケートゾーン訴求

→ ホワイトラグジュアリープレミアムHPはこちら

 
 
 

クリームの塗布方法

 
乳首色薄く
 
解消コスメ(クリーム)の塗布方法ですが、説明書に書かれている方法が各メーカーがもっとも効果的としている方法になりますので、基本的には各商品の説明に従うようにしてください。
その上で黒ずみ対策ケアとして基本としているのが、
 

  • 1日2回 朝夕の塗布
  • 入浴後と、朝起きてからの2回塗布するようにします。
    特に肌細胞が変動する夜間にもっとも効率良く色を変えてくれるので、入浴後は忘れずに塗りましょう。
     

  • こすりつけずに塗る
  • ついつい浸透させようと強くこすってしまいがちですが、刺激を与えるのは逆効果ですし、十分高い浸透性のあるコスメですので、優しく塗布して伸ばしてあげましょう。
     

  • 目安は約3ヶ月
  • 乳首の脱色は顔よりも一般的に時間がかかります。
    最低3ヶ月、色を見ながら半年から1年という長期スパン継続することで薄くするという思考も必要です。

 
 
乳首の色で悩んでいる女性は本当に多いものです。
男性の理想があったり、友人からのイメージもあるから薄くしたい!と思う方は、ぜひ長期スパンで取り組んでほしいところです。
続けることで必ず薄く変化していきますので、諦めずにケアしてあげてくださいね。


.
.
尾崎 聡子

仕事のハードさから体を壊した事をきっかけに、ロハスなライフスタイルに目覚めました。美味しいもの、ワクワクすること、キレイになれることにも興味深々。日々の生活に根付いた情報を配信していきたいと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です