咳がひどい時の原因と病気の疑いは?

By  |  0 Comments

冬など乾燥した季節になると、風邪を含めて咳がでることが多くなってきます。
街を歩いていてもマスクをしている人の数や、咳払いしている人をよくみかけますよね。
ですが、咳がひどくて止まらないような状況になるとちょっと不安になってくるものです。
あまりにひどい咳だと何か病気なんじゃ、、と疑いも出てきますので、今回は咳がひどい、止まらない時の原因と病気との関連性をみていきましょう。

.

咳がひどい 原因は?

 
咳の原因
 
咳がひどくて止まらないような状況は、単純に風邪やインフルエンザなどウイルス感染による場合がほとんどです。
咳と一緒に発熱があったり、お腹をくだしたりといった状況であればほぼそれに該当しますので、早めの診察を受けて病院で対応してもらいましょう。
 
ですが、熱や下痢など風邪系の症状が現れていない場合、または風邪は治ったのに咳だけがいつまでも続いている場合、次の原因が考えられます。
 

ストレス過多(心因性がいそう)
強いストレスを感じていると心因性がいそうと呼ばれる、ウイルス検知できない原因不明の空咳が続く場合があります。
治すためにはストレスを解消するしか方法がありません。
 
 
 

ひどい咳と病気との関係

 
ひどい咳と病気
 
次に、精神的なものではなく病気の可能性をみていきましょう。
乾いた咳などがひどく続く場合は、以下の病気が疑われます。
 

  • 喉頭アレルギー
  • 喉がイガイガしたりチクチクする場合は、咽喉頭に問題があります。
    咽喉が赤く腫れているか?などチェックしてみましょう。
     

  • 気管支喘息
  • 長く続く咳で比較的このパターンが多いのが気管支喘息です。
    アレルギーがないという人でも突如かかる場合も多くありますので、病院での検査が必要です。

    .

     

  • 後鼻漏(こうびろう)
  • 鼻水が喉側に流れる症状で、口臭がする、仰向けで眠れないなどの症状が加わります。
     

  • COPD(慢性閉塞性肺疾患)
  • 気管支が炎症した症状で、呼吸がしにくくなる場合が多いです。
    主にタバコや大気汚染が原因で発症し、突如呼吸困難に陥る事もあり、死亡率も高い病気ですので早めの診察が必要です。
     

  • 肺結核
  • 結核菌に感染する事で発症します。
    タンがでやすいのが特徴です。
     

  • マイコプラズマ肺炎
  • 深夜や朝方に咳がでる、、という人に多い病気です。
    1、2週間の治療が必要になるので、こちらも早めに診察を受けましょう。

他にもひどい場合は、肺がんなどの疑いも出てくるのが咳の強いところです。
ですが咳自体は、菌類などを外部に排出しようとする浄化作用ですので、体の働きを受け止めて早期原因究明できるように病院など早めに対策をするようにしてください。


.
.
コアレディ 編集部

より賢く、美しく・・・ コアから女性をデザインするデジタル書籍をテーマに女性のための情報をお届けする、コアレディの編集部です♪

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です