カイロプラクティックと整体の違いは?

By  |  0 Comments

 
肩こりや腰痛、捻挫や関節の痛み。
年齢と共に身体の色んな部位に支障が出てくるのは、ある種仕方の無い事です。
 
特にまじめな日本人は肩こりなどが多く、街を歩けば整骨院やマッサージ屋さんなどが至る所に目につきますよね。
 
たまにはそういう所にいって、日頃頑張ってくれている身体をメンテナンスしてあげる事もとても大切です。
ですが、よく聞くカイロプラティックと整体の正確な違いってご存知ですか?
 
この違いを知っておくと、症状によって通うお店をチョイスできるようになります。

.

 

カイロプラティックってなに?

 
カイロプラクティック
 
まず、まだ馴染みが薄いイメージのあるカイロプラクティックですが、
カイロプラティックとは、手技によって脊椎のゆがみを矯正していき、神経系のはたらきを正常に回復させる方法です。
 
もっと簡単にいうと、
『脊椎のゆがみが神経を圧迫していることが、あらゆるカラダの病気の原因になっている』
という考えを元に、ゆがみの矯正などを中心にカラダを整え、病気も治しておこうというものです。
 
東洋医学は“気の流れ”の異常が病気を招くという考えに対し、
カイロプラクティックは歪みと神経系の働きが病気を招くという理論。
 
そういう西洋的な部分から、別名米国式整体とも言われています。
 
 
 

整体との違いについて

 
歪みを治したりとかって、ようするに整体と同じでしょ?と思われる方も多いと思いますが、正確には整体とはちょっと違うんですね。
整体というのは、定義が決められておらず、お店によって施術方法や理論も異なります。
 
なんでしたら、施術する人によって結構アプローチ方法が違ったりしますよね?
 
整体
 
それに対してカイロプラクティックは、
WHO(世界保健機関)のガイドラインで、最低4年間4200時間以上の教育を受ける統一された施術になります
 
さらに、解剖学・生理学・診断学・神経学など医学部と同等レベルの基礎医学を学んでいるため、
患者さんに対ししっかりとカイロプラクティックで治療できる病気かどうかを判断し、施術していきます。
 
ガン、出血しやすい病気などカイロプラクティック治療外分野以外の、あらゆる病気に対応していこうという、
WHOでも医療と認められている医学的な立ち位置が特徴です。

.

 

カイロプラクティックの効果

 

・頭痛/寝違え/むち打ち/めまい/肩コリ/五十肩/背部痛/腰痛/ぎっくり腰/足のしびれ/痛み/膝の痛み/疲労感/自律神経失調/
内臓の機能低下/不眠/ストレスに対する抵抗力アップ

などなど、多くの効果が医学的に期待できます。
 
 
 

カイロプラクティックの後遺症!?

 
カイロプラクティックは基本的には、骨をバキバキ鳴らすような荒々しい施術を多く行うものではありません。
※もちろん必要性がある場合は、行うこともあります。
 
意外と多いのが結構バキバキ系のカイロプラクティックに通って、椎間板にダメージを与えてしまったり、ヘルニアになってしまったり逆効果になってしまう事例。
 
これは、カイロプラクティックにまだ国家資格がなく、施術方法を学んだ方は比較的簡単に簡単にカイロプラクティックの看板を掲げられるからなんですね。
 
後遺症
 
ですので、カイロプラクティック(整骨院も同じですが)に通われる際には、必ず事前に施術方法や通われている患者さんからの声などをリサーチしてから来店するようにしましょう。
 
 
最後はやや怖いことを言ってしまいましたが、カイロプラクティックはアメリカではすごくポピュラーな分野で多くの方が利用されている本物の医学技術です。
整体では回復できなかった、体のこりや、交通事故の後遺症が治ったなどすばらしいものです。
 
ようは自分のカラダに合う合わない(お店もです)を確かめてみる事が大切ですね。
良いと感じた方は、一生通い続けたいと思うほどですので、ぜひ一度体感してみてはいかがでしょうか?
 


.
.
佐藤 由香

京都出身。オーガニック子供服を販売するネットサイトを運営しながら、現在はアロマトリートメントについても独学で勉強中。女性らしく、ココロもカラダも美しいライフスタイルを目指しています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です