胆汁酸ダイエットの効果と方法について学ぼう!

By  |  0 Comments

 
世界一受けたい授業などTVで紹介されて一躍注目された「胆汁酸ダイエット」が今大人気となっています。
胆汁酸という言葉はなかなか聞きなれない言葉ですが、胆汁酸ダイエットはマイタケと大麦、杜仲茶と腸もみを利用して無理なく痩せようというダイエットです。
 
食事制限やきつい運動などしなくてもいいので、運動が苦手、食事制限なんて無理。。という方にもおすすめのダイエット方法ですよ。

.

胆汁酸とは?

[divider]  
なんとなく体の中で働いている成分なんだろうという事はわかっても、どういう作用を持つものなのか、どういう働きを持っているのか、わからないですよね。
 
胆汁酸は肝臓で作られる成分で、コレステロール代謝によって生成され、胆嚢という部分で蓄えられています。
胆汁酸はコレステロールが過剰に分泌され、血液がドロドロにならないようにサポートする成分なのです。
主な働きとしては、
・コレステロールを減少させる
・内臓脂肪燃焼効果をアップさせる
・血糖値を下げる
等があり、つまり生活習慣病にも優れた効果を発揮する成分という事がわかります。
 
ただ、胆汁酸というのは「人によって体内量が決まっている」ため、増加させることも減少させることもできないのです。
そこで胆汁酸ダイエットでは、「体内量が決まっている胆汁酸をどう効率よく働かせるか」を考えた新しいダイエット方法です。
 
 
 

胆汁酸ダイエットの効果

 
ダイエットとは、つまりいかに余分な贅肉脂肪や体内脂肪を無くすか、燃焼させるかという事です。
 
胆汁酸は脂肪の消化吸収を助け、脂肪が燃焼できる状態を作ってくれる大切なものです。
この痩せるための成分である胆汁酸をうまく利用すると、体が自然と脂肪を燃焼させる体質モードに切り替わり、痩せていきます
 
例えば後で紹介する杜仲茶を一杯飲むだけで、約1時間ウォーキングするのと同じダイエット効果があるといわれていますので、いかに簡単で身体に優しく痩せれる方法化がわかりますよね。
 
 
 

胆汁酸ダイエットの原理

 
体の中にある胆汁酸の量は一定で、増加も減少もしないのですが、常に作られています。
ただ、胆汁酸が古くなると脂肪の消化吸収能力が衰えてきて、うまく働いてくれません。
 
常に新しい胆汁酸を体内に置いておくことが重要なのですが、まず古い胆汁酸が体の外に排出されない限り、新しい胆汁酸はできないのです。
そこで、胆汁酸ダイエットでは
「意図的に新しい胆汁酸を作る」
という事にポイントを置いています。
 
新しい胆汁酸を作るためには古いものを排出する必要がありますが、そこに関係してくるのが便秘です。
 
 
 

胆汁酸ダイエットの方法

 
先述したように、胆汁酸ダイエットは胆汁酸をまず排出させて、新しい胆汁酸を作る事でダイエット効果が現れるものです。
胆汁酸は便と共に体の外に排出されます。そのため、便秘をしないことも重要です。
 

     
    マイタケ
     

  • マイタケを多く摂取する
  • マイタケはこの便秘を解消する非常に有効的な食べ物です。
    食物繊維が豊富なのはもちろんですが、MXフラクションというマイタケに含まれている成分が、胆汁酸の排出をサポートする効果、また腸の蠕動運動を促す効果があることがわかっています。
     
    杜仲茶
     

  • 杜仲茶を飲む
  • 杜仲茶にはアスペルロシドという成分が含まれています。
    この成分は胆汁酸の排出を助ける働きがあり、そのほかにも、
    ○コレステロールの吸収を抑制し血液をサラサラにする
    ○血管拡張効果
    ○血液の流れを正常にする
    ○腎臓や肝臓の働きを助ける
    こうした効果があります。
     

  • 大麦を取り入れる
  • 大麦にもたくさんの健康効果、また美容効果があります。
    ○血中コレステロール抑制効果
    ○メタボ解消効果
    ○血糖値改善効果
    ○豊富な食物繊維による便秘予防効果

血液の内容がよくなり、血液が正常に流れるようになると、腸にも血液がしっかり届き、蠕動運動が正常に行われるようになります。
大麦は食物繊維を豊富に含んでいるので、白米に混ぜて炊くことで食物繊維と質のいい栄養素を体内に取り入れることができます。
 
このように杜仲茶や大麦、マイタケなどを利用し、古い胆汁酸を体の外に追い出すことで、新しい胆汁酸が体の中で元気に活躍し、内臓脂肪をしっかり燃焼させることができるというわけです。
 
他にも有効な食物はありますが、これらの飲食物が最も効果的で効率が良いといわれているんですね。
そして、これらに腸もみをプラスすることで、ダイエット効果は最大限に高まります
.

 

腸もみとは?

 
腸もみは、お腹の外側から刺激を加えることで外部からも内臓脂肪燃焼効果を高めようという方法です。
それほど難しくないので、マイタケ、大麦、杜仲茶を取り入れた食生活に加え、チャレンジしてみましょう。
 

【腸もみのやり方】
1.足を軽く開いてイスに浅く座る
2.おへその下3cm位のところに指をあて差し込む
(指先を自分の方に向けて)
3.大きく息を吸い、吐きつつ手首が太ももにつくまで倒す
4.指を差し込んだまま時計回りにゆっくり3回まわす
5.息を吸いつつ上半身を起こす
 
これが腸もみのやり方です。
 
動画で確認↓

 
この腸もみを3セットくらい行うと、外部から内臓脂肪への働きかけができます。
お風呂上り、テレビを見ながらでもいいですし、寝る前にベッドに腰掛けて行ってもいいと思います。
 
 
 

胆汁酸サプリメントも

 
杜仲茶はもちろん、ドラッグストアなどでも手軽に手に入りますが、実はマイタケのサプリメントも今、手軽に手に入れられます。
マイタケの美容効果、健康効果の詰まったエキスをサプリメントにしたもので、手軽に摂取できるので調理が苦手な方や、一人暮らしで料理はたまにしかしないという方にもおすすめです。
 
大麦は白米に普通に混ぜて炊くことができる手軽なものが販売されていますので、ご飯を炊く際に利用すれば面倒がありません。
少量から初めて少しずつ自分の好みに合わせて量を調節していくといいですね。
 
 


.
.
佐藤 由香

京都出身。オーガニック子供服を販売するネットサイトを運営しながら、現在はアロマトリートメントについても独学で勉強中。女性らしく、ココロもカラダも美しいライフスタイルを目指しています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です