夏本番!背中ニキビを治してキレイな後ろ姿になる方法

By  |  0 Comments

 
やってきました。夏♪
薄着になり、お肌の露出も多くなる季節ですね。
脱毛などに通い、気になるところは準備ばっちりかもしれませんが、背中のケアは大丈夫ですか?
自分の目で見えないところでも、露出をするようになると人の目にはついてしまいます。
普段それほど気にしないかもしれませんが、実はデリケートな部分が背中です。
すでに背中ニキビで悩んでいる人もいると思います。今は綺麗でも、いつ肌荒れで悩むかはわかりません。
今日は背中のケアをご紹介したいと思います。

.

正しいボディソープを選ぶ

 
肌に合わない化粧水と同じように、背中や体にも合わないボディソープがあります。
ボディソープの多くには、洗浄力が強い界面活性剤が使われているものがあります。
 
ベタベタするのがいやだ・・・とさらさら感を求めた結果、洗浄力が強く、皮膚の皮脂まで取ってしまうボディーソープが出来上がってしまいました。
その結果、肌の皮脂必要以上に洗い流されてしまい、肌を守るものがなくなってしまったことで、ニキビや乾燥などの肌トラブルとなってしまいます
 
ニキビがひどい方は赤ちゃんが使うようなボディーソープや、固形石鹸を使用してみてください
洗浄力も過度に強くないので、肌の皮脂を守ってくれます。
また、界面活性剤・石油系不使用と書かれているボディーソープも発売されるようになりました。
まずは、自分の使っているボディーソープを見つめ直してみましょう。
 
 
 

乾燥はNG とにかく保湿を

 
保湿
 
体を洗った後は、皮脂が一度洗い流されています。
お風呂上りに、皮脂が流れたままの背中にしておくと肌が乾燥してしまいます。
乾燥によりニキビができたりもしてしまうんです。
 
顔に付けている保湿化粧水でもいいので、とにかく背中も一緒にケアしましょう
背中用の保湿クリームなどを使うのもいいですね。
とにかく、届く範囲でもいいので、しっかりと保湿ケアをしてください。
 
またホルモンバランスが崩れやすい時も気をつけることです。
ホルモンバランスが崩れやすい時は、皮脂の分泌がいつもよりも多くなります。
皮脂の分泌が必要以上に多くなると、ニキビのできやすい原因となります。
また、肌も敏感になるので、この時こそ、スキンケアがとても大切になります。

.

ゴシゴシ洗いはNG

 
背中をゴシゴシとこすって洗うのはNGです。
必要な皮脂まで落としてしまい、デリケートな背中を傷付けてしまうことになります。
 
絹タオル
 
シルクなどでできている肌触りのよりタオルでよく泡立てて、ふわふわの泡でなで洗うようにしてください。
必要な皮脂を残し、背中にも刺激を少なく泡うことができます。
また、泡で菜で洗うことで、毛穴の汚れも、浮かして落とすことができます。
そして、洗ったあとは、シャワーを軽く浴びるのではなく、しっかりと泡を落としましょう。
洗い残しがあるのもニキビの原因となります。
 
 
 

ニキビ専用ケア用品できれいに!

 
ニキビで悩まれている方は本当に多く、CMで有名な洗顔商品もありますが筆者の経験上、必要な皮脂まで洗い流されてしまい肌がガサガサになってしう、、という欠点もありました。
 
肌質を保ちながら治したい方には、筆者自身の経験と、人気信用度からピックアップした以下のケア用品がニキビ対策には特に有効です。
 

おすすめニキビ ケア用品
ターンオーバー促進保湿ケア
Reproskin(リプロスキン)
リプロスキン



美肌にもつながる洗顔ケア
『みんなの肌潤糖【クリア】』
肌潤糖(はだじゅんとう)【クリア】



背中ニキビ対策専用
背中ニキビ専用ジェル『Jewel Rain』
ジュエル・レイン
 
 
 

寝具や寝巻きなどは衛生保持

 
寝ているとき、人は汗をかきます。その汗は、パジャマや、シーツ、布団などにしみ込みます。
パジャマはこまめに洗うけど・・・寝具はどうしていますか?
 
寝具をこまめに洗うことはとても大変ですよね。でも、その寝具には、ニキビの原因となる菌がついています
殺菌性のある除菌スプレーなどを使い、毎日衛生保持をしてみてください。
週末、お仕事が休みのときなどに、シーツを洗って綺麗にしましょう。
 
パジャマはこまめに取替えることを意識してください。
特に、夏になると汗をかく量は多くなりますので、気をつけましょう。
 
 
 

肌荒れを起こしやすい食べ物を控える

 
肌は、体の腸内環境の現れといいます。
食べ物によっても、肌荒れをおこしてしまうのです。
 
チョコ
 
肌荒れを起こしやすい食べ物は、チョコレート・ケーキなどの甘い菓子類や、刺激の強い香辛料・コーヒーなどと言われます。
適度な摂取であれば問題はありませんが、今現在ニキビが酷い人は、一度よくなるまで食べることを控えたほうがよいでしょう。
 
そして、ビタミンCをもう一度意識して摂るようにしましょう。
ビタミンCは、メラミンの産生抑制や、コラーゲンの合成促進などといった肌にとっては欠かせない役割を持つ栄養成分です。
背中のニキビや、肌荒れを治すためにも、ビタミンCを含むフルーツや野菜を毎日摂れるように意識してみてくださいね。
 
 
夏は、海やプールなど水着を着たい季節だと思います。
また、薄着になり、露出するような涼しい服装をした時に前がけではなく、後ろ姿も綺麗でありたいですよね。
今からでも遅くないので、徹底したケアをしてみてください。
 


.
.
尾崎 聡子

仕事のハードさから体を壊した事をきっかけに、ロハスなライフスタイルに目覚めました。美味しいもの、ワクワクすること、キレイになれることにも興味深々。日々の生活に根付いた情報を配信していきたいと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です