【婦人病?】女性の腰痛の原因と解消ストレッチ

By  |  0 Comments

朝起きたら腰が痛い。腰が痛くて仕事に集中できない。
腰が痛いとなんだか身体中も不調・・なんてことありませんか?
 
すぐに治したいけどマッサージに行ったり整体に行く時間もない忙しい現代女性。
女性の腰痛には女性なりの原因や婦人病が関わっている場合もあります。
今回はそんな女性の腰痛の悩みについてご紹介します。

.

女性の腰痛の原因

 
女性の腰痛原因
 
女性の腰痛は大きく分けると2つあります。
一つは筋肉の衰えや背骨・椎間板の変形によるものと、もう一つは婦人科系の病気などによるものです。
まずは自分の生活習慣によって起こりやすい腰痛の原因を知ることで改善策がみつかります。
 

  • 過度なダイエット
  • 間違ったダイエットによって筋肉が落ちて、腰への負担が大きくなると腰痛を起こしやすくなります。
    ダイエットをよくする若い女性はもちろんですが、筋肉が弱っている30代以降の女性は特に注意が必要です。
    筋トレや水泳など筋肉を鍛えれば防げます。
     

  • 猫背など姿勢の悪さ
  • 運動不足などで筋肉が衰えると、腰を支える力が弱まって姿勢が悪くなり、それが原因で腰痛を起こすことがあります。
    鏡で自身の姿を見たとき、猫背になっていたり、お腹が前に突き出ている、背中がそる形になっていたら要注意です。
    あごを引き、腹筋を意識した姿勢を取ることで改善されます。
     

  • ハイヒールを履いている
  • かかとの高い靴を履くと前のめりの猫背になりやすく、またバランスをとろうと腰を突き出すような姿勢にもなりやすいため、負担が大きくなります。
    腰痛が気になり出したら、低めのヒールにしてみると緩和されるかもしれません。
     

  • ショルダーバックの持ち方
  • ショルダーバッグをいつも同じ側の肩にかけていると、肩こりだけでなく腰痛の原因ともなります。
    バッグをかける肩意識して変えてみることや、たまにはリュック型にしてみるなどの工夫で大きく改善できます。
     

  • 長時間のパソコン作業
  • 同じ姿勢を長時間続けることで腰に大きな負担をかけてしまいます。
    特にパソコンに向かうと、つい時間を忘れて同じ姿勢を続け画面を見るために猫背にもなります。
    1時間に一度は席を立ち、少し歩いたり、軽い伸びをすると腰痛が軽減されるでしょう。
     

  • ベッドの硬さ
  • ベッドや敷き布団が柔らかすぎると、身体で一番重い腰が落ちる形になり、腰痛が生じやすくなります。
    少し硬めに感じるくらいのものを選ぶと良いでしょう。
     

  • 便秘
  • あまりにも頑固な便秘は腰痛の原因にもなり得ます。
    便秘がちで腰痛持ちの人は、繊維質の豊富な生野菜を摂取したり薬を頼ったりすると両方改善されるかもしれません。
     

  • 冷房が強過ぎる
  • 冷房のききすぎによる冷えが腰痛の原因にもなります。
    オフィスでは腰にもひざ掛けを巻くようにすると効果的です。
     

  • 子育て
  • 子どもを抱っこしたり重い荷物を持ったりすることで腰痛になりやすくなります。
    片付けや抱っこなどの際は、腰を曲げずにおとして負担を減らしましょう。

.

 

婦人科系の病気による腰痛

 
婦人病と腰痛
 
次は婦人科系の病気(婦人病)による腰痛をご紹介します。
ただし、腰痛だけでなく下腹部痛や月経時の不正出血などをともなう場合は、早めに婦人科の受診を考えてみましょう。
 

  • 月経困難症
  • 月経時に起こる腰痛で、下腹部痛を伴います。
    神経質な女性に多くみられることから、ストレス性の自律神経失調が原因ともいわれています。
    痛みが強い場合は鎮痛薬で対処してください。
     

  • 子宮筋腫・卵巣のう腫
  • この腰痛は、月経量の増加や不正出血などの症状が見られることもあります。
    月経が終われば腰痛も治まりますが、筋腫が大きくなると月経とは関係なく、下腹部痛や下肢の痛みなどが伴います。
    卵巣のう腫は気づきにくい症状ですが、大きくなると腰を少し動かしただけで痛むこともあるので注意しましょう。
     

  • 子宮内膜症
  • 一般的には月経時に月経困難症と同様の症状を起こします。
    ですが、悪化して癒着を起こすと常に腰痛や下腹部痛が生じるようになります。
     

  • その他
  • 子宮がん、卵巣がんが進行する事で強い腰痛に陥る場合があります。

 
 
 

腰痛を解消するストレッチ

 
ここまでは腰痛の原因についてお話ししました。
上記の原因に当てはまるかも?という行動や生活態度を意識的に変えるだけで大きく解消されます。
次は腰痛を解消する、自宅でできる簡単ストレッチをご紹介します。
腰痛を解消するため、筋肉をゆるめる&インナーマッスルを鍛える方法です。
 

【腹式呼吸で筋肉をゆるめるストレッチ】
 
あおむけに寝てから膝を立てて、鼻からゆっくり息を吸って口からゆっくり吐き出します。
おなかが動くのを感じてください。
これを5セット繰り返して全身の筋肉をゆるめます。
 
【上体起こしで腹筋運動】
 
1.あおむけに寝ながら膝を立てた姿勢から、ゆっくり上体を起こします。
2.肩が床から30センチぐらい離れたらその姿勢を5秒間キープしたら、ゆっくりと元の姿勢に戻ってください。
3.これを繰り返して3セット行います。
 
【腰ねじりで腰の緊張をほぐす】
 
1.あおむけに寝た状態で左足を曲げて膝を立てる。
2.右足を伸ばしたままその左足を右に倒して腰をひねるようにする。
このとき息を深く吐いて腰の伸びを感じ、5秒キープさせてください。それが終わったら足を戻して、同様に反対の足もしましょう。
3.これを左右1セットで3回行ってください。
 
※ストレッチの際の注意は、伸ばしている部位に痛みを感じたらそこで止めて無理に伸ばさないこと。
フォームが正しくないと効果が出ないので鏡などで確認して、腰や筋肉の伸びを感じながら行ってください。
 
また他にも画質が悪いですが、効果的な腰痛解消ストレッチ法をご紹介します↓

 
 
いかがでしたか?
腰痛は一度なると原因を改善しない限りなかなか治りません。
まずはどうして腰痛になるかご自分の生活習慣を振り返ってみてください。
必ず何かしらの原因があるはずです。
腰痛を根本的に解消して、心も身体もスッキリな自分を手に入れましょうね!


.
.
佐々木智子

美容師として8年間勤務した後、ファッション業界へ転職。現在はプレスとして活動中です。 興味のあるジャンル:ファッション、ビューティー、旅、インテリアなどなど。 最近はボディバランスを整える事に挑戦中です♪

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です