【内臓の病気?】左側の腰痛の原因

By  |  0 Comments


なぜか急に痛み始める腰痛。
昨日の無理な運動か、、など明らかな原因があるわけではないのに、痛むのはなぜなのでしょうか?
しかもその痛みは左側だけ。
 
左腰だけ痛むというのには、もしかすると病気の疑いもあるかもしれません。
今回は、左側に痛みを生じる腰痛の原因をさぐっていきたいと思います。

.

左側に腰痛がでる原因

 
左腰痛
 

  • 筋肉の炎症によるもの
  • ここ近日に何か重い荷物を持った、激しい運動をしたという方は筋肉炎症の疑いがあります。
    左腰の筋肉が壊れている状態ですが、理由が明らかですので対処しやすい腰痛です。
     

  • 体が歪んでいる
  • 人間は長年のクセがあり、どうしても片側だけに体重をかけるなどバランスが悪く、体が歪みがちです。
    足を組むクセ、長時間のデスクワーク、頬杖をつくなどの日常生活によって知らず知らずに左腰に負担をかけています。
     

  • 神経が圧迫されている
  • 椎間板ヘルニアをはじめ、骨粗しょう症など神経系の問題から痛みが生じる場合も。
    ヘルニアは腰や足に痛みだけでなく、しびれを起こす場合もあり、骨粗しょう症は腰が曲がり身長が縮みます。
    また腰椎分離で腰椎がずれている場合も、多くの場合しびれる症状が現れます。
     

  • ストレス性の腰痛
  • 原因がはっきりとわからない場合、ストレス性腰痛の可能性があります。
    日々のストレスが敏感な腰の神経にいき、腰痛になります。

 
 
 

内臓疾患など病気との関係

 
内臓の病気
 
左側の腰痛(右も含め)で怖いのが内臓疾患系の病気です。
判断としては、通常横に寝れば治まりマシになる腰痛ですが、横になっても痛みが続く時です。
 

  • 腎臓・・
  • 体が重い、だるい、血尿がでる、トイレの回数が増えるなどの信号がでれば腎臓が弱まっている、
    腎臓の病気や腎臓がんも疑われます。
     

  • 膵臓(すいぞう)・・
  • お酒をよく飲む方、背中やお腹も痛いという場合は、膵臓が弱まり膵炎の疑いがあります。
     

  • 胃潰瘍・・
  • ご飯を食べた後痛む、みぞおち辺りも痛むという方は胃潰瘍の疑いも。
     

  • 胆石症・・
  • 胆汁が固まった胆石ができている可能性もあります。

 
腰は内臓との距離が近いこともあり、痛みの原因と密接に関係している場合も多いです。
1週間以上痛みが続く、寝ていても痛みが続くなどの場合は、なるべく早く医師の診察を受けるようにしてください。
腰痛は内臓など体内の危険を知らせるメッセージでもあるので、早期発見につながる場合もあるので気になる方は早めの病院が安心ですね。
.

腰痛を改善するストレッチ法

 
最後に日頃からできる腰痛改善のストレッチ法をお伝えします。
腰痛改善ストレッチは色々な方法が検索すれば出てくると思いますが、最も簡単で効果的な方法が、「おしりの筋肉を柔らかくする」事です。
 
腰痛なのにおしり? と思われるかもしれませんが、実はおしりの筋肉が固まる事で腰に大きな負担をかけ、腰痛に繋がっているパターンが非常に多いんですね。
ですから、整骨院では腰痛=おしりを柔らかくするためマッサージするという所も多いです。
お尻といっても正確には下記の写真部分の筋肉を中心にストレッチします。
 
お尻ストレッチ
 
この部分の筋肉を伸ばしてあげる事で、腰痛改善に大きな効果がありますし、日頃から続けていると腰痛予防になるので、かなりオススメですよ。
 
【デスクワークの方にオススメ方法】
デスクワークの方は、次の写真のように足を組み、そのまま上半身を前に倒すことで筋肉部分が伸びます。
 
ストレッチ改善
 
痛気持ちいいくらいまで伸ばしてあげましょう。
デスクワークは腰やおしり筋肉が固まりやすいので、定期的にこのストレッチをすると効果抜群です。
 
【自宅でのストレッチ法】
自宅で寝ながらできる場合は、次の写真を参考に。
 
改善ストレッチ
 
片足づつ膝を抱えて、お尻の筋肉が伸びるようにぐりぐりと引っ張ったり、回したりしてあげましょう。
 
 
ストレッチ方法は自分がやりやすく、重要なおしりの筋肉部分が伸びる感覚があれば自由でいいと思います。
腰痛改善・予防には日頃からのケアが大切なのでぜひ続けてみてはいかがでしょうか?


.
.
佐々木智子

美容師として8年間勤務した後、ファッション業界へ転職。現在はプレスとして活動中です。 興味のあるジャンル:ファッション、ビューティー、旅、インテリアなどなど。 最近はボディバランスを整える事に挑戦中です♪

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です