【朝型に切り替える】方法や効果は?

By  |  1 Comment


朝活という言葉も一般的に知られるようになりましたね。
朝早く起床し、朝からカフェで会議をしたり、朝からジョギングをしたり、出勤前に活動をすることを指します。
 
また、仕事も遅くまで残業するのではなく、朝早くから始め、終わりも早めるという方向が企業や個人にも広まっていますね。
 
今回は、そんな朝活を進めるべく、夜型だった身体や脳を効率良く朝型人間に切り替える方法と共に、朝型にするメリットや効果をお伝えしたいと思います。

.

朝型の効果やメリット

 
朝型にする効果
 
世間では朝型にすると良いとよく言われていますが、実際はどのような効果やメリットがあるのでしょうか?
 

  • 身体本来のメカニズムに戻せる
  • もともと人間は、日没と共に眠り日昇とともに起きていました。
    DNAに刻まれた身体のメカニズムに戻すことで身体の機能を高める事ができます。
     

  • 脳が活性化される
  • 寝ている間に脳は情報を整理します。
    そして、人間の脳活動のピークは朝の7時とされているため、そこで脳を使うことで活性化されますし、
    1日の中ではそこから脳活動は徐々に落ちていきます。
     

  • 一流人はみんな早起き
  • 一流の経営者や仕事人、スポーツ選手などは統計学的にみても早起きな人が多い事が有名です。
    憧れの人をイメージした生活改善は人生を大きく変えてくれます。
     

  • アイデアが湧きやすくなる
  • クリエイティブな思考や脳は、右脳がもっとも活動的な朝にこそ威力を発揮してくれます。
     

  • 通勤ラッシュを避けられる
  • 1時間出勤時間を早めるなどすると、通勤ラッシュを避けゆっくりと読書などに利用もできます。
     

  • ストレスが減る
  • 夜型の生活は自律神経を乱しストレス過多になりがちです。
    逆に朝型にすると、朝日効果も手伝い、癒し効果のあるセロトニンが脳で生成されストレスが大きく軽減されます。
     

  • ダイエット効果
  • 夜型はついつい夜に食べてしまったり、また先述したストレスもダイエットには天敵です。
    ストレスを軽減させ、さらに早起きは便秘解消効果もあるためダイエットには最適です。

 
夜型を朝型生活に変えるだけで、身体、心、仕事や勉強、生活面と良い方向に改善される効果は多くあります。
また20世紀は夜のバーなどで会議を行い、新しいアイデアや商品が作られたと言われていますが、
21世紀は朝のカフェで新しいアイデアが生み出されるといわれています。
アメリカのカフェでは、朝6時~夕方6時までの朝型営業が増えてきていることからも、時代の流れは明らかに朝型に変わってきていますね。
.

朝型に切り替える方法

 
朝型に切り替える方法
 
でも、がっつり夜型をいきなり朝型に切り替えられるかな、、
そんな方にオススメの朝型への移行方法をお伝えしたいと思います。

  • 1. 2~3週間繰り返せば身体に染み付く
  • まず、人間は約2~3週間ルーティンとして繰り返すと、潜在意識に組み込まれ
    その行動が当たり前と感じます。
    ですので、必ず2週間以上は続けることを目指してください。
     

  • 2.早寝早起きではなく、早起き早寝
  • 考え方としては、「早く寝て早く起きよう」ではなく、無理矢理でも早起きすると、
    夜になると自然と眠くなり早寝の習慣がついていきます。
     

  • 3.何のために早起きするのかを決める
  • 人間目標がなければ行動しないものです。
    朝から勉強する、ジョギングして身体を鍛えるなど何のために朝型にするのかを
    イメージする事が大切です。
    もちろん、夜に見ていたドラマを朝に見るなんていう楽しみを作るのもいいですね。。
     

  • 4.就寝1時間前にパソコンやスマホは見ない
  • パソコンなどからの光は、脳を刺激して深い眠りを妨げる原因です。
    就寝1時間前は読書に当てるなど、ゆっくりと眠れる準備をしましょう。
     

  • 5.カーテンは少し開けておく
  • 朝目覚めた時に、光をみると人間の脳や身体は目覚めやすくなります。
     

  • 6.目覚ましが鳴ったら、とりあえず一度立つ
  • 布団の中の誘惑を味わっていると、二度寝することになります。
    強引に1度立ち上がってしまうと、誘惑がスっと消えますよ。
     

  • 水を飲むかシャワーを浴びる
  • 朝に水を飲むと血がサラサラに巡り、身体が一気に目覚めてくれます。
    またサッとシャワーを浴びるのもリフレッシュされ身体と脳を起こす良い方法ですね。
     

 
少々強引な事もありますが、一番大切なのは数週間続けてみることです。
朝型や夜型は一つの習慣でしかありません。
続けることで、潜在意識に勝手に習慣化してもらいましょう。
 
そして、もし1日2日寝過ごす事があっても、自分を責めるのはやめましょう。
自分を責めると早起きする意欲自体が消えがちですので、「まぁ、こういう日もあるよね~」と
そんな自分も認めてあげると、また明日から早起きしようという気持ちが続きやすくなります。
ぜひ朝型人間を目指して実践してみてくださいね。


.
.
佐藤 由香

京都出身。オーガニック子供服を販売するネットサイトを運営しながら、現在はアロマトリートメントについても独学で勉強中。女性らしく、ココロもカラダも美しいライフスタイルを目指しています。

1 Comment

  1. Pingback: あなたはどっち?知ったら『朝型』になりたくなる5つの効果♡ | Love -恋愛・ライフスタイル-

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です